ここから本文です

六が悪魔の数字というのは、キリスト教が起源ですか?逆に五は縁起の良い数字です...

dor********さん

2019/3/2914:51:56

六が悪魔の数字というのは、キリスト教が起源ですか?逆に五は縁起の良い数字ですか?

陰陽五行説とか言いますね。六はサタンの数字というのを聞いたことがあります。東洋では割りきれない数字を縁起が良い数字とするのでしょうか?七や八が縁起が良いのは分かりますが。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
27
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ofn********さん

2019/3/2915:53:22

聖書にある悪魔の数字は「666」で、「6」ではありません。(由来はヨハネの黙示録)

ヨーロッパでは他に不吉な数として「13」があります。

日本では「四」が「死」につながる、「九」が「苦」につながるとして「13」のような「忌み数」になっています。

「八」は字の形から「末広がり」として縁起がいいとしています。ですから「東洋では割り切れない数字を縁起が良いとする」ということはありません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/4/4 22:26:48

ありがとうございました。非常に勉強になりました。面白かったです。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kaw********さん

2019/3/2916:55:48

6がサタンの印ではなく、666あるいは616が悪魔のしるしとされています。これはヨハネの黙示録に支配者によって人の手か額に印をつけられ、その印がなければ物を買う事も出来なくされると書かれているのです。

奇数が縁起がいいというのは近年のインチキマナー講師のデマの流布の所為で、全国的に広まってしまいましたね。
そもそも切ることができないという事から結婚式など祝い事に使いましょうという事から始まったのです。それが似非常識家により縁起がイイというデマを流布され何でもかんでも奇数と考えるようになりました。本来なら繰り返してより縁起物、例えば出産などでも水引と同じように偶数で良いはずですが、近年では縁起がいいという理由で奇数がイイという人がいるわけです。

五行説もべつに縁起がイイから5ではありません。(陰陽五行説というのは間違い。これも日本の似非占い師などが造ったデマ。陰陽学と五行学は別の学問で道教以後関連付けられたのですが陰陽五行とは言いません。強いて言えば陰陽・五行と書く)
西洋ギリシャなどでもこの世の構成元素として四大元素、あるいは後世にはエーテルを加えた五大元素の説が古くからありました。
陰陽学でも安倍晴明も五芒星も六芒星も使用していますし、魔除け等に利用されているセーマンドーマンでも五芒星・六芒星いずれの場合もあります。どちらも縁起とか善い悪いの問題ではなく、魔性を持つ形とされているのです。

ちなみにあくまでも私の個人的意見ですが・・
昨今のカード決済天国を見てください、日本でもカードでなければサービスを受けられなくなり始めています。そして対に体内にチップを埋め込んで支払いなどをしていますし、欧州ではすでにチップを埋め込んでいなければ電車にも乗れない地域があります。「印をつける」古代の人にはチップなど理解できませんからね。それにこれ、額ではありませんけど、なんとなくって感じでしょ。
電気に弱いチップは太陽の強い磁気嵐に有ったらとうなるでしょうねぇ。
ご存知でしょうか?聖書では主が罰することを「撃たれた」と表現されていることを。

6がサタンの印ではなく、666あるいは616が悪魔のしるしとされています。これはヨハネの黙示録に支配者によって人の...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる