ここから本文です

自動車化狙撃兵を配置しているのはロシア軍だけですか?

さん

2019/3/3002:07:26

自動車化狙撃兵を配置しているのはロシア軍だけですか?

閲覧数:
24
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chi********さん

2019/3/3003:15:05

狙撃と名が付くだけでありふれた自動車化歩兵でしかないので、世界中の軍隊が保有してることになります

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

eb7********さん

2019/3/3011:17:48

各国の陸軍では、歴史的な兵科の呼称を現在も継承しているケースが多いようです。

ロシア陸軍/ソ連陸軍は機械化歩兵の事を"Мотострелковые войска"(自動車化狙撃兵)と呼んでいますね。
ドイツ陸軍でも機械化歩兵をPanzergrenadier(装甲擲弾兵)と呼び、空挺兵を"Fallschirmjäger"(降下猟兵)と呼び、山岳兵を"Gebirgsjäger"(山岳猟兵)と呼びます。
フランス陸軍でも戦車部隊を"Blindée Cavalerie"(機甲騎兵)と呼び、機甲部隊をCuirassier(胸甲騎兵)と呼んでいます。
米陸軍でも機甲師団やヘリ機動部隊の事を"Cavalry"(騎兵)と呼んでいます。

調べればもっとあるかもしれません。


自動車化狙撃兵という名称でも、皆が皆、狙撃を専門とする兵士ではありません。
エンジニアがエンジンだけ扱う訳ではないのと同じです。
歴史的に役割が拡大し、姿が変わっても、昔のままの名称を使い続けているのですね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる