ここから本文です

ドラマ『砂の器』で土屋太鳳さんが演じた成瀬梨絵子はどんな女性でしょうか? も...

nao********さん

2019/4/115:10:26

ドラマ『砂の器』で土屋太鳳さんが演じた成瀬梨絵子はどんな女性でしょうか?
もしかして悪女ですか?

補足もしかしたらこのドラマの鑑賞法で私はとんでもない間違いを犯したのかなって思います。
そしてあの時、そう、今西刑事が事件の詳細を捜査本部の大会場で朗々と語っていて千代吉と秀夫の話で突然嗚咽する場面を観て思わず笑ってしまった時、今となればあのリアクションが誤りではなかったと確信しています。

なぜならこれはコメディー…しかもシニカルなブラックコメディーだから。

映画に準えたこのドラマは名作のオマージュ☆
しかし普通にリメイクしては敵いません。
ではどうすればいいか?
と考えたかどうか判りませんが、もしこれがパロディなら納得できるところが無きにしも非ず☆

たとえば三木謙一。
映画では人の好さが滲み出た緒形拳さんでしたが、今回は最近ひと癖ある役が目立つ高嶋政伸さん。
そしてあのセリフ。

「ええか、秀夫。いくら成功しても、お前は本浦千代吉の息子だよ、本浦せいやの弟だ。今も昔も同じ血がながれてる。それがお前の宿命なんだ。」

これではいくら秀夫が過去と決別して新たな人生を歩もうとしても「しょせん殺人鬼の家族は殺人鬼」と言ってるようなもので身も蓋もありません。

救いようがないこの場面がドラマのキモなら「さもありなん」です(笑)。

閲覧数:
315
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

suv********さん

2019/4/212:43:37

私も、三木のあのセリフは、呆れました。三木は、いい人という設定でしたが、たとえそうであったとしても、空気の読めない人ですよね。また、自分がいい人だと思い込み、それに酔っている人のようでもあります(自分がこの親子を助けたんだという、過去の善行を引きずっている人)
刑事役の東山さんは、演技が下手だと思いました。あんなところで、泣くかなと。淡々と話した方が、物語として、感動するのに。でも、一番ガッカリしたのは、和賀役のタレントです。ジャニーズの方ですよね。もっと、演技の上手い役者さん、たとえば若手だとしても、松坂桃李さんとかなら、もっとずっとうまく演じたのではないでしょうか。成瀬役も、もう少し、影のある、ひっそりとした女優さんを選んだ方が良かったのでは。土屋さんは、明るさと茶目っ気が売り物でしょう。
このドラマ、人選ミスだと思いました。電車からまくシーンも、もっとさびしげで、情念のある女優さんなら、おかしく感じないでしょう。

  • 質問者

    nao********さん

    2019/4/214:13:04

    ありがとうございます。

    三木謙一のあの言葉を聞いた時は一瞬耳を疑いました(唖)。

    最近の政伸さんのキャラと稚拙な脚本が相まって、映画では「善人」を絵に描いたような三木が今回は必ずしもそうではない、いえ、むしろ腹に一物ある邪悪な人間か?と思わせるところがあり、観ているこちらはあのセリフをどう受け留めていいのか戸惑いました(苦笑)。
    たとえ善意で言ったにしても最後の「それがお前の宿命」は有り得ません。

    成瀬梨絵子も然り。

    今の時代にあんな証拠隠滅は考えられません。
    昔なら良しとしてもドラマの設定を現代にした以上はこのプロットを変えて然るべき。
    時代錯誤も甚だしい行動に「これはわざと?」「ん…ということは和賀を陥れたかった?」と三木のセリフ同様、この場面もこちらがどう受け留めていいのか戸惑いました。

    そこで自分なりに出した結論がこれは松竹映画『砂の器』のパロディ…それなら三木と梨絵子の非常識も頷けますから(笑)。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/4/5 15:40:47

2名様に感謝♪

このドラマに関して知恵袋で様々な質問が飛び交いましたが、とりわけ目を惹いたのが「和賀は逮捕されたの?その場面が無かったので気になる…」との旨。

想像したらわかるやろ!
人に聞くことか!?

こんな輩は仏映画『太陽がいっぱい』のラストシーンを観ても同じ疑問を抱くのだろうか。

要するにアホなドラマ視聴者が多いから作り手に舐められるのだ。
その結果がこの駄作…理に適ってます(笑)。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

プロフィール画像

カテゴリマスター

any********さん

2019/4/116:06:52

「悪女」
というよりも浅はかな馬鹿女?

今どき証拠隠滅を頼まれて電車から撒くアホはいません。
結局執念深い刑事に物的証拠品を拾われてチーンとなりました。

一生日陰の女で生きていくという覚悟が足りていないのか、
そもそも日なたを歩きたいつもりだったのか私にはわかりませんが。

何か犯罪をやらかして自分の所に頼ってきた男に
特に秘密を共有できた喜びは感じていたでしょうね。

実はこのドラマをじっくり画面の前で観ていませんで「ながら視聴」でしたから、二人がどれぐらい長いつき合いをしていたのかとか、今回の設定を存じません。

お腹に愛する人の子供がいたことは太鳳は知っていたのだろうか。
知っていたら投身自殺はしなかったのかも知れぬとふと思いました。

自分のした軽はずみな「シャツをばら撒く」という行為の責任を取って死んでお詫びしたのなら・・全く犬死にに思います。そんなことしたって何がどうなるわけでもない。

「悪女」という捉え方をする質問者さんは、何か意地悪な視点で捉えておられますか? ぜひお聞かせ下さい。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる