ここから本文です

朝鮮満洲台湾発展させるために東北の発展が50年遅れたとか娘を売ったり貧困進んだ...

アバター

ID非公開さん

2019/4/609:34:49

朝鮮満洲台湾発展させるために東北の発展が50年遅れたとか娘を売ったり貧困進んだと聞きました本当ですか?具体的に東北と朝鮮などでは発展状況どう違ったのでしょうか

閲覧数:
31
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ama********さん

2019/4/611:11:50

当時の多くの政財界の日本人指導層の考えは、朝鮮を近代化して強固な大陸への足掛かりにしようという構想だった。

そのためには2つの方向があった。いわゆる「植民地」として外国のまま統治する方向。そして大日本帝国の一部として吸収合併する「日韓併合」だ。

植民地化構想の場合の問題点は、日露戦争で借金漬けになっていた日本政府の税金をそれほど多くは使えないため、基本は民間資本中心と云うことになることだ。政府予算をあまり使えなければ、近代化に最も重要な電気・水道・ガス・道路・港などの基盤整備が十分にできないことを意味する。基盤整備が不十分な場所には民間も投資ができない。

それで浮上したのが「日韓併合」だ。同じ大日本帝国という話なら、国内に振り向けるべき予算も半島に投下することができる。それで基盤整備を十分に行えば、民間も工場建設その他の投資しやすくなる。

結局、日韓併合によって国内予算が朝鮮半島に重点的に配分されることになった。

官と財界の大陸貿易拡大の思惑の犠牲に、東北だけでなく日本全体が犠牲にされてしまった。
その影響を最も受けたのが、近代化が一番遅れていた東北ということになる。結果として、それは太平洋戦争後も続き、戦後の高度経済成長期も、東北人は大人は農閑期の出稼ぎ、若者は東京などへの集団就職という形になって現れている。

アバター

質問した人からのコメント

2019/4/12 23:12:05

ありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kaz********さん

編集あり2019/4/610:57:26

戊辰戦争で新政府軍に反抗した地域が東北だったのも関係してます。

それもあり、新政府はあからさまな東北を冷遇、差別しましたから。

まず近代国家にする為に、東北以外の本土を発展させ、次に北海道と沖縄を発展させ、朝鮮半島と満州を支配してからは、ソ連に対抗しなくてはならないので、国土防衛の面から朝鮮半島と満州の開発に力を入れました。

東北は安い労働力の確保の為にも開発をしなかった訳です。

本土の発展と、周辺国から国土防衛の為に北海道に沖縄、台湾、朝鮮半島、満州を発展させるのは統治機関としては当然であり、東北を発展させる魅力に国力が当時の日本には無かったんです。

なので意識的に整備されませんでした。

北海道へ入植した屯 den兵、出身は東北の士族や寒村出身者が多いのも特徴です。

なので世界恐慌と大飢饉が重なった時、貧しい寒村の小作農家は、喰うに困り娘を売り飛ばした訳です。

私は戦前までの東北、日本国内なのに別国みたいな感じの強烈な村社会に奇習が残る頃に興味があり、もう無理ですが行ってみたいと思いますね。

あと東北って呼び名、民間から自然と呼ばれる様になった唯一の地方でもあります。

薩摩や長州を西南と呼ぶのに対抗して、自分達は東北だ!って意識から東北と呼ぶ様になりました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる