ここから本文です

PNPトランジスタを動作させるには、トランジスタのベースの電圧はエミッタの電圧よ...

puu********さん

2019/4/819:55:34

PNPトランジスタを動作させるには、トランジスタのベースの電圧はエミッタの電圧よりも約0.65V低くなければなりませんとありますが、写真のPNPトランジスタは、

左側センサスイッチがON・OFFともエミッタの電圧Veは0Vと思いますが、トランジスタをON動作するには、ベ-ス電圧-0.65Vにしなくてはならないという事ですか。

エミッタ,PNPトランジスタ,電圧,トランジスタ,左側センサスイッチ,電圧Ve,エミッタ電圧

閲覧数:
39
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

new********さん

2019/4/820:30:06

同等回路で、スイッチオンオフとかpnp,npn変えて繰り返し質問しているようなのですが、勘違いない?ポピュラーなトランジスタ回路は、エミッタ接地ですけど、示された図は、右上電池と、出力抵抗の関係で、コレクタ接地とか、エミッタフォロアーという回路だと思うのですが、理解している?
もう一つ、電圧というのは、厳密にいうと、電位差です。エミッタ接地でいうなら、エミッタ電圧は、常時0Vというのは、正しいけれど、この場合コレクタ接地は、コレクタ電圧が、0Vと考えるのが自然なのでは?
すると、エミッタ電圧は、トランジスタオフなら、電池電圧5Vだし、オンなら、コレクタ電流いくら流れるかで、100Ωの抵抗ドロップが加わるので、いろいろ難しい。
(電流増幅率とかいろいろ必要)。


もう一つセンサがスイッチという仮定ならそれでもいいけれど、普通は、オフの時のベース電圧を決める抵抗を入れるのが普通(ベース電圧決定用の別電池という回路は、使って悪いとは言わんが普通使わんと思うし、オフの時にベース電圧決まらないという根本的な問題もある。きれていれば、ベース電流流れないので、コレクタ電流流れんだろうという意見もわからんではないが、おかしいのでは?)
回路図の出典と回路の意図を明示したうえで、何がしりたいのか、はっきりさせないといかんのではないか? これまでの質問終了させたのが、間違いで、回答者と話が通じていないと思うのだが。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

s8j********さん

2019/4/820:29:43

その「Ve」は常に0Vであり、意味のない値です。その「Vb」は抵抗にかかる電圧であって、トランジスタにかかる電圧ではありません。
電圧の基準がバラバラでわけのわからないことになっています。「端子間の差」である「ベース・エミッタ間電圧」で考えてください。

トランジスタは非オーム抵抗です。ベース・エミッタ間の順電圧は、そこに電流を流せる条件であれば、自動的にほぼ一定になります。(電流ゼロや大電流だと変わるが)
「ベース電圧を-0.65Vにしなくてはならない」とかいうのは、なにか根本的に勘違いしている恐れがあります。適当な教科書などの資料を読みなおしてください。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる