ここから本文です

生命保険の差押について、二重差押と交付要求の違いが分からないので教えてくださ...

hfj********さん

2019/4/900:56:08

生命保険の差押について、二重差押と交付要求の違いが分からないので教えてください。

閲覧数:
71
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ohn********さん

2019/4/1107:51:01

具体例で説明します。

A税務署長が生命保険を差し押さえているとします。

同一滞納者に対して租税債権を有するB県税事務所長の手段は、二重差押とA税務署長に対する交付要求という2つが考えられます。

いずれの場合においても、A税務署長が生命保険を強制解約して解約返戻金を保険会社から取り立てたとき、取り立てた解約返戻金を国税に配当して余剰が生ずれば、B県税事務所長は、配当を受けることができます。余剰がなければ、B県税事務所長が配当を受けることができないことも、二重差押・交付要求に共通します。

両者に差異が生ずるのは、A税務署長の差押が解除されたときです。二重差押の場合には、強制解約して解約返戻金を取り立てる権限が、B県税事務所長に回ってくるのに対して、交付要求の場合には、B県税事務所長の交付要求は失効してしまいます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる