ここから本文です

こんにちは、バンドでボーカルをしているのですが

アバター

ID非公開さん

2019/4/909:46:24

こんにちは、バンドでボーカルをしているのですが

練習法についての質問です

理想的には毎回スタジオに通い自主練等したいのですが、金銭的や地域的な面でポンポン行ける感じではありません
なのでいつもカラオケに行き練習しています
具体的には音量大きめエコー全切りマイク激下げしてモニターをあまり意識せずやってます
一応精密採点はつけてますが点数はあまり気にしていません
このやり方で暫くやってはいますがかなり不安です
知恵袋やブログを見てるとカラオケはおススメしないと言う記事を見かけるからです
詳しい方正しい知識をお教え頂きたいです

閲覧数:
53
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

gdq********さん

2019/4/1608:50:03

カラオケでも別に構わないとは思うんですけど、もしかして「カラオケ行って歌う」だけで「練習」だと思ってるなら効率が良いとは思いません。

例えばその精密採点がどんだけ精密なのかは知りませんが、要は主にピッチの合ってる合ってないがリアルタイムに分かるだけですよね。「あ、(採点画面の見た目上)低かった」と思って慌ててしゃくり上げて合わせてたらそういう歌い方で癖付きそうですし、狙って一発でピッチを合わせるって事に繋がるのか微妙(な印象)です。

しかも曲の音量は上げてマイクは下げてるんですよね。フォルテシモで歌うのとがなり立てるのはだいぶ違いますよ。がなるって事で言えば「路上ミュージシャンがハコでやった時」、ただ喧しいだけでしっとり小さく歌えない人って割と多いんです。似たような現象に繋がらないですかね。

大概の素人は歌(あるいは楽器)の練習において「ひたすらやりゃ良い」と思ってる節があるように思いますけど、「練習」っていうのは歌なら「発声」「姿勢」「筋肉の使い方」「呼吸」「ピッチ」なんかを確認しながらするものです。カラオケ行って歌うのは「歌ってるだけ」になりがちなので余り勧める人が居ないってだけじゃないですかね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

met********さん

2019/4/1517:05:42

機材の都合と金銭面の都合上、カラオケよりもスタジオです。
個人練習だと安いところがあるので(笑)

音源をスマホに入れてるので、スマホとマイクをミキサーに接続して
イヤホンで聞きながら歌ってます。
モチロン、エフェクターは一切使用しません。
ちなみにですが、イヤホンで聞きながら歌うと、マイクと口の距離がしっかり身に付きます。

ちなみに単にボイストレーニングだけなら、スタジオのキーボードと地声ですけど...

syo********さん

2019/4/1313:17:09

カラオケは歌いやすいように作ってあり、常にボーカルラインがリードされています
かたや
素人バンドではまずバンドの適正な音量調整を考えず個人爆音バントがよくあります
カラオケが歌い安すぎてなれてしまうと生音で音が取りにくくなります
カラオケのように演奏してくれるバントが一番望ましいですね

cha********さん

2019/4/912:56:40

カラオケでの歌の練習も悪くはありませんよ。バンドがどんな音楽をやっているのかはわかりませんが。

ただし、カラオケに慣れすぎてしまうと実際に自分のバンドとの練習には差し障りが出てきそうです。

採点は「いかに譜面どおりに歌えたか?」みたいなものらしいですから気にしないのは正解でしょうね。

やっぱり暇さえあればアカペラでも歌い込むことですかね。音を拾うのに伴奏が有るに越したことはありませんが・・・。ヴォーカルは自分の声での勝負ですから、自分の歌う声を録音したりして聴くのも大切ではなかろうか?です。もちろん機材も大切ですがね。

kan********さん

2019/4/911:26:03

カラオケで歌うとバンドで下手になると定説のように言われていますが、あまりそういう経験がありません。勿論バンドで合わす機会が減りカラオケばかりになるとバンドでの勘が落ちてしまい次の練習のときイマイチのれないなんてことはありますが、それでもカラオケですら歌っていないよりは幾分かマシでしょう

カラオケの問題点はあまりに歌う側にとって理想的すぎるところです。生楽器と比べて雑音もなければ音圧もない打ち込み伴奏。機材の都合上大きな声を上げれば伴奏が自動的にひっこんでしまう等です。カラオケはこういう物なんだとバンドとの差をはっきり意識しておけばカラオケ練習に足が引っ張られるなんてことはないでしょう

しかし逆に見ればマイクを通してスピーカーから出てくる自分の声をかなり正確に把握できる絶好の場所ということでもあります。こういう点から自分は別にマイク音量を極端に落としたりしません

バンドの音の負けないようにと伴奏上げてマイク落としてという人も居ますが、バンドで声が負けてしまう原因は楽器の持っている周波数の幅がカラオケ音源なんかよりも断然広いことですから、こんなもの音量弄ったぐらいでどうこうできる話ではないです。逆にこんなことをしているととにかくマイクに向かって怒鳴りつけるような癖がついてしまい逆効果です

エコーですが、本来はかけるべきです。スピーカーから出ている声は0距離マイクからの音を増幅している物なので良質な残響のあるホールで歌っているのでもない限りある程度かけてやらないと聴きぐるしい音にしかなりません

モニターにエフェクトをかけるかどうかはかなり個人差があるそうですが、我々が普段耳にする歌になんのエフェクトもかけていない物なんてそうそうありません。マイクで増幅した声は残響加えてようやく一人前です

スタジオ練習でも「うっすら」リバーブをかけるのが良いのですが、行き着けのスタジオのミキサーにそういった機能がない場合は無しで練習するのもいいかもしれません

長くなりましたが、カラオケでバンド練習はできないので。バンドとカラオケの差をしっかり認識してカラオケではカラオケで気持ちよく練習しましょうというのが個人的なアドバイスです

kat********さん

2019/4/910:33:40

まあ エコー切るくらいなら むしろマイクなしがよいすね。

ちなみに、マイク音量0でもスイチさえ入ってたら、採点は可能なんで、 いわゆるマイクなしで、採点出来ることになります。


あとは、音量大きめは伴奏の音量ですか?

マイクの音量ですか?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる