ここから本文です

イム・ウンスとマライア・ベルの接触の件。 今なら落ち着いた意見が聞けるかな、...

アバター

ID非公開さん

2019/4/910:34:52

イム・ウンスとマライア・ベルの接触の件。
今なら落ち着いた意見が聞けるかな、と思うので質問します。

イム・ウンスが悪い、と言う人が日本で多かったですよね。

曲かけ中だから、というのが理由です。
でも、やっぱり彼女に落ち度はないように思えます。
本当にフェンスギリギリを滑ってましたから。

曲かけ中でも、あんなところまで行ったらダメでは?
それじゃ逃げ場が全然ないですよ?
イム・ウンスに壁突き抜けろとでも?と思いました。

それもイム・ウンスはゆっくりゆっくり滑ってたんです。
全然、危険行為じゃないですよね?
それを曲かけ中だから悪いって責めるのは意地悪だと思う。
貸切の自分専用リンクじゃないのに猛スピード出したら
それこそ周りに人がいないかは気をつけて欲しいですよ。
真ん中のほうなら優先よ!って意識でも判りますが、
すみで小さくなってる人まで避けろ!って意識はどうなの?
もうそれだけで、性格悪いんだな、と私は思ってしまいます。

イム・ウンス・・・被害者ですよね?
なのに肩身狭い思いして気の毒です。

閲覧数:
826
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

koe********さん

2019/4/1421:23:49

無機質に両者の何方の過失が割合的に大きいか、という話をすれば、それはイム・ウンス選手だ、となるでしょう。
これはリンクを共有してそれなりに練習したことのある人ならば、そう考えるのが普通と存じます。

端にいたのに、という主張は、まぁ、理解出来ます。
素人さんならば特に、ご自分が慣れた道や公園の広場のマナー感覚で考えるでしょうから。隅に避けていたら、それで充分、突っ込んで来た方が悪い、と思うかもしれません。

実際は、リンクではそれでは通らないのですが、そこまで判れ、という方が要求が高度過ぎるのかもしれませんね。
仮に素人さんが遊びで滑りに行ったとしても、手すり磨きしている方達を上級者の方が避けて安全を確保して差し上げますので、端にいれば充分の配慮くらいにしか思われないでしょう。
しかし、此方から言わせて頂けば、それさえ私達が配慮し避けて差し上げているから成立しているだけであって、手すり磨きされている方が充分な行動をしている訳ではありません。そうする以上の能力のない人間だから、回避出来る能力のある側が譲っているだけです。
リンクは基本、そういう注意と配慮によって成り立っています。

競技会に出る同士ならば、当然、回避して貰わなければ避けられないスケートレヴェルの筈がありません。それを期待して存在することが過失です。
ジャンプで転倒の勢いで滑って来れば、端であろうが何処であろうが人間が高速で進んで来るのがリンクという環境。
そこで周囲に意識を払わないでいれば、それが過失というのは誰であろうと変わりません。

後は曲かけ練習で滑っていた側が障害となるスケーターの存在により気付ける状態であり、且つ、避けるべき関係性であったのならば、其方の過失が大きいことになるでしょう。
しかし、バッククロスで滑ったことがあれば、視界の得られ方からしてウンス選手が死角だということは誰でも判ります。
そして、ベル選手がより端に軌道を取ることになったのは、それ以前に他選手を避けた関係でそうなったこともアメリカのTV放送の明瞭な動画で確認出来ます。
これでベル選手側により大きな過失がある、などと言うとしたら、余程の素人でしょう。素人ならば素人に手に負える範囲で意見は述べるべき、というものです。

ゆっくり滑っていた、という主張も主様以外にも拝見しました。

しかし、リンクで「ゆっくり」が過失を軽減すると思っている自体が素人中の素人と自ら示すものです。
少し考えれば判ることです。自動車免許を持っていれば、推察可能なことですから。
高速道路は最高制限速度だけではなく、最低制限速度が定まっています。それはそこが50kmに達しない速度で走れば危険だからです。
ゆっくりならば、何処でも必ず安全だという訳ではないのは、リンクだけの論理ではありません。

リンク、それも素人が遊んでいるのではなく、競技会の練習用に使用されているならば、ある程度の速度で滑ることが前提です。
そこで停止することや、極度に遅いということは充分、危険な行為です。
ですから、それを行っても危険の生じ難い場所を選び、更に、それを行う間は周囲を確認する配慮が必要です。
ウンス選手の場合、前者は充たしますが、後者は充たしていません。
ですから、ミスではあります。
特に同門選手が最初にリンクの何方半分に滑って来るかは判りますから、より気をつけているべきだった、とは思われてしまうでしょう。

それだけのことです。
人間ですからミスはあります。経験浅ければ、その確率も上がります。
普通ならば取り返しの効くミスです。

しかし、それを相手を攻撃する材料にすれば、当然、事務的な事実確認によりウンス選手のミスが問題だ、とは言われます。
恐らく今、彼女にとって最も為にならないのは主様の様な蒸し返しをする方と存じます。

尚、曲かけ選手に配慮するのは普通の選手は了解しているマナーです。
どの程度、譲るかと、どの様な形で避けるかは人それぞれですが。実際に接触が起きてしまえば、曲かけでない選手の認識が足りなかった、つまり、その程度の譲り方の距離確保では足りなかった、或いは、例えばクロス方向で避けるのでは足りず平行で距離を取るべきだった、等という考え方にはなります。その上で、過失だけれども仕方なかったか、過失な上に危険行為だ、等と分かれて行きます。

他の選手に配慮するのにプログラムを覚えている必要はありません。
行っている技、滑り方を見て、何方に進んで来るかはかなりの確率で読めますから、その範囲を推察して避けるだけです。
完璧に覚えておかなければならないのか、などという発想が出て来て、それを迷いなく書き込めるとすれば無知故です。
そういうレヴェルの人達が口を出しても掻き回されて傷が増えるだけでしょう。

練習中にあり得る不幸な事故だった、それが現実ですし、両者にとっても傷の少ない話です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「マライアベル」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dav********さん

2019/4/1321:06:05

マライア ベル選手は曲かけ演技に必死だったんだとは思います。
イム ウンス選手はあまり曲かけ演技の選手のことまで考えてなかったんだと思います。
個人的には、マライア ベル選手は気が強そうな選手には見えますね。
イム ウンス選手は意図的に妨害したようには感じなかったし、あの位のレベルのことを妨害扱いにされてたら、曲かけ練習中の周りの選手は全員、妨害選手になると個人的には思います。

アバター

ID非公開さん

2019/4/1010:21:46

>曲かけ中は曲かけしてる選手が本番通りにリンクを使えるように、それ以外の選手が気を使う。他者に対して配慮することで、自分の曲かけの際に同様の配慮が得られる。これはフィギュアではマナーです。


そんなマナー聞いたこと無い(笑)
選手は曲のどの局面で、どのコースを辿るのか他の選手の演技を完璧に覚えておかなければいけないのか?

ton********さん

2019/4/1009:33:55

曲かけ中は曲かけしてる選手が本番通りにリンクを使えるように、それ以外の選手が気を使う。他者に対して配慮することで、自分の曲かけの際に同様の配慮が得られる。これはフィギュアではマナーです。

ベル選手は本番同様にバッククロスでスピードを出し、ターン直後の四肢を伸ばす振り付ですから、避けることは不可能。
ウンス選手は隅にいる必要はなく、ベル選手のプログラムの邪魔にならなければ、中央にいても全然オーケーです。
ベル選手とウンス選手が逆の立場でも全く同様です。

最初の怪我の時点で、「どちらが悪い」などと波風を立てるような話ではなかったように思います。強いて言えば、避ける義務はウンス選手にあったが、不運な事故、と私は捉えてます。
怪我後のマネージメントの対処の仕方が最悪でした。

soy********さん

2019/4/919:29:03

あのボケボケの動画で外野に何がわかるかと思った

チームで話し合うでしょ
今後のことは

故意ではないと決着して、韓国も納得したんではなかったですか

部外者に騒げる材料もないです

ici********さん

2019/4/914:43:19

フェンスギリギリでゆっくり進んでたウンスにはなんの落ち度もないと思います

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる