ここから本文です

エルニーニョ・ラニーニャ現象の原因は「なんらか」の理由で貿易風が弱まるという...

kei********さん

2019/4/1021:24:15

エルニーニョ・ラニーニャ現象の原因は「なんらか」の理由で貿易風が弱まるという所から説明されているのを見るのですが、

その「なんらか」というのは解明されていないのでしょうか。
それとも毎回別の理由だったりするためになんらかとしているのでしょうか。

閲覧数:
13
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hid********さん

2019/4/1021:49:20

赤道域の海面温度が上ることによって
舞い上がった暖気は南北半球に分かれ、
低中緯度海洋上に降り高気圧を形成し、
さらに中高緯度へ暖気を送り込みます。

当現象により赤道域の海面温度の高い
海域が変われば暖気の舞い上がる位置
も変わり、低中緯度の高気圧の形成も
変わり大気の展開に影響するはずです。

赤道域の海面温度が、どう変わるかで、
影響は連鎖的派生的に違うでしょうし、
分析は困難になるのは明らかですよね。

しかも大気は弾力があり時間差が生じ、
全方位から立体的に影響を受けるんで、
予想するのは困難を極めると思います。

  • 質問者

    kei********さん

    2019/4/1022:24:21

    回答ありがとうございます。
    「今の所は多分こういう理由だと思われるけど毎年決まった理由とは言いきれないから難しい」っていう認識でいいんですかね。

  • その他の返信(4件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

「エルニーニョ現象」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ran********さん

2019/4/1322:14:16

たくさん混ざってるからよくわからないが、基本的には遅延振動だと思われてはいる(モデルでは遅延振動で説明可能)。遅延振動ってのは、ロスビー波とケルビン波でほぼ10年がかりで東西に伝播してって話。

実際には,中緯度,低緯度,海空相互作用,北極振動などがごちゃ混ぜだから毎回長さも強さも少しずつ違う。したがってはっきりした原因は不明。

基本的に中緯度の現象の原因はほとんど全部結局よくわからないと思う。ごちゃ混ぜだから

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる