ここから本文です

亡くなった萩原健一さんについてです 世代ではないのでよく分からないのですが、...

uml********さん

2019/4/1122:24:56

亡くなった萩原健一さんについてです
世代ではないのでよく分からないのですが、亡くなった事で昔のテレビなんかがYouTubeにアップされているのを最近よく見てます
ゲストに出た番組の司会者

がみなさん口を揃えて「憧れてました」とか「緊張します」とか言ってますけど、萩原健一さんの何が一体周りを緊張させ憧れさせてたんでしょうか?

閲覧数:
85
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

asa********さん

編集あり2019/4/1519:43:03

全体に殺気と言うか?ただならぬ雰囲気がありましたね。

他人に忖度せずに自分の思うままの人生を全うして、わがままと思われることを堂々と通して、俳優、歌手としても一流と呼ばれる地位に登り詰めました。

顔が小さく、手足が長く、服装のセンスが抜群で、歳を取っても相変わらずカッコ良く
クシャッと笑った顔が忘れられません。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ハーブさん

2019/4/1302:43:50

一言で言えば、カリスマ性なのでしょうけれど、思うに、この人は間違いなく心底純心で、一本筋が通った男気溢れる方と感じます。
ですので、魅力がきっと内側から滲み出ていたからなのではないでしょうか。

それ故、人によっては憧れの存在に映ったり、また、そんな純心で真っ直ぐな目で視られた時には、心の中をを見抜かれるような言い知れない緊張感に襲われる気持ちになったりするのだと思います。

本当に、稀有な大変魅力的な方に他なりません。

gag********さん

2019/4/1301:07:39

カリスマ性と他の芸能人とは違う存在感だと思う。
矢沢永吉や長渕剛に近い感じ。

役者としてのショーケンも好きだが
歌手としての独特な歌い方、ファルセット(裏声)を駆使した歌い方は好きでした。

ハローマイジェラシーなんか
バラードとして最高。

あとカバー曲で
ラストダンスは私と
とか
大阪で生まれた女や愚か者
ショーケン最高です。

2019/4/1123:07:43

他の俳優にはないカリスマ性ですね。
あるいはスター性ということかな。

少し考えてみたんですが、
現在でいうと木村拓哉のようなスター性に加えて、
北野武のようなカリスマ性と、
危険な男の匂いと可愛らしさを合わせ持ったような人でした。

kyc********さん

2019/4/1123:07:29

やっぱりそれなりのカリスマ性があったからですよ。
初期のテンプターズの映像見ても、後年にドラマやら、ソロライブやらで
存在感を見せてきたその予兆があらわれてます。

poc********さん

2019/4/1122:30:14

う〰️ん、俳優としては、はまり役に当たると凄く才能はあったけど。
「愚か者」とか歌を歌うと、ちょっと怖い位キレてたかな(^_^;)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる