ここから本文です

薬物を摂取すると作詞作曲のアイデアが浮かびやすいんですか?

アバター

ID非公開さん

2019/4/1206:19:17

薬物を摂取すると作詞作曲のアイデアが浮かびやすいんですか?

コカインの人とかアスカとか槇原敬之とか

閲覧数:
75
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cro********さん

2019/4/1409:06:58

ダイナモ感覚!ダイナモ感覚!YO!YO!YO!YEAH!

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

kan********さん

2019/4/1600:01:57

ASKAと槇原敬之はシャブです。

ピエール瀧はほとんど作詞作曲はしていません。コカインじゃなくてシャブだったらアイディアが浮かんだのかもしれませんね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

tmb********さん

2019/4/1400:39:53

>薬物を摂取すると作詞作曲のアイデアが浮かびやすいんですか?
>コカインの人とかアスカとか槇原敬之とか

私は、もちろん薬物は未経験ですが…
酒を飲みながら作曲することは、多々あります.

メリットとしては、リラックスして作業できると思います.
気持ちが大きくなり(?)、大胆な音運びとか、楽器構成とか…
突然敵名転調とか、そういう思い切り良い展開を発想することが
多くなるかもしれません.

しかし、作曲後…
ちゃんと、シラフの状態で曲を確認します.

やはり、アルコールが入った状態では、音抜けが心配です.
この「音抜け」というのは、たとえば、コード「C」なのに、
「ドソ」しか鳴っていない状態です.
つまり、「ミ」が鳴ってないのに、前後関係から「C」の響きに
感じてしまう状態です.

コード「C」で、「ファ」が鳴ってるような、
思いっきり不協(アヴォイドノート)している状態は、
酔っ払っていても判断できます.
しかし、上記の「音抜け」は不協ではないので、
酔ってると判断が鈍くなりますね.


薬物をやると…

たぶん、複雑なメロディとかコード進行じゃなく、
シンプルで王道的な、悪く言えば「ありきたりな」ものを
「これは良い!」と思える、根拠のない自信を持つのではないでしょうか.



何か少しでもお役に立てれば幸いです.

min********さん

2019/4/1210:58:30

薬によって良い気分の中、出来上がった物を見るとキラキラして見えて「上出来」に感じるだけでパフォーマンス的には落ちていると思うんですが、どうなんでしょう。

気分が沈んだり、普段の悩みが多くて気が散る事が沢山あると、

と薬によってはそういった事が気にならなくなって、仕事が捗る事もあるのでしょう。

芸術というのは技術じゃないので、普段はミスと取られるような事をしても味として効いていればそれが美しいのです。

下手な絵しか描けない、それはペンを持つ手に変なクセが付いているから

でも、そのクセがこの絵を描く時には美しく見える、となれば

薬も似たようなものです。

薬のお陰で、そのジャンルに合った「美しいクセ」が出る事もあるんでしょう。

kyc********さん

2019/4/1210:09:27

ミュージシャンが陥りがちな妄想です。

プロフィール画像

カテゴリマスター

pix********さん

2019/4/1209:45:03

例えば合法薬物であるアルコールを摂取するとかなりいい感じに曲作りや演奏ができますねーー!

コカインは身体に悪いのでやめておくべきです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる