ここから本文です

最新のブルーレイ対応までアップデートできるPowerDVD 12OEMが合法的に配布されて...

fev********さん

2019/4/1508:34:24

最新のブルーレイ対応までアップデートできるPowerDVD 12OEMが合法的に配布されています。今時の最新版にする意味は3D対応を考えてでしょうか?

補足地デジのCPRM対応にも成ってますし、DTSにも対応してるし...

閲覧数:
70
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

phs********さん

2019/4/2110:42:28

σ(^_^)が思うには、PowerDVDはもともと3年間は無料のアップデート対応です。アップグレード対応は今までもない。
CPRMに対しては、フリーウエアではなく、OEMということはバンドル版ですから無料ではない。もともとCPRMに対応しているはずですが、OEM版には、FOR 〇〇〇で、制限があるものもあるので、この範囲は、OEM先がどういう契約なのかが???ですから、中にはCPRM等の対応がないものもあるのかもしれません。この辺は、ドライブバンドル版以外見たことがないので
ただ、BD対応においては、AACS問題があります。不定期とはいえ、おおむね半年毎にバージョンアップしています。レコーダーの方が勝手にアップされてしまうので、レコーダーでダビングすれば、当然、最新ダビングディスクは見れないことになります。その対応をもともと3年間はアップデート対応しています。あなたが言うアップデートの意味がそれであれば、3DよりもAACS対応だと思う。表立っては、他の互換修正などの記載になっています。他のストリームサイトなども違法行為対策を進めているので、当然、システムが変わりますが、地デジ録画も同じように変わりますので、一緒にパッチファイルで書き換わります。
ただ、CPRMは今のところ、初期から変わってないはずです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる