ここから本文です

交通事故の被害者になって初めて

アバター

ID非公開さん

2019/4/1511:20:33

交通事故の被害者になって初めて

自分が変形性関節症があったことがわかりました。

事故前は痛み、関節障害はありませんでした。通院歴もありません。

後遺障害の補償の話し合いになったとき
事故ケガともともとあったけれども症状が出ていなかった病気との関係はどのようにして算出するんですか?

閲覧数:
41
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

aj1********さん

2019/4/1518:15:28

>事故ケガともともとあったけれども症状が出ていなかった病気との関係はどのようにして算出するんですか?
→保険会社と被害者が話し合っている場合は、素因競合などの難しい話はなく、事故日~終診日までの治療期間に対応する損害賠償金が保険会社から提示されます。自賠責計算だと既往歴があっても関係なく通常計算されますが、120万円を超えて任意保険基準になった場合は多少慰謝料が減額される程度で示談交渉が進むと思われます。

裁判や紛争処理センターでの示談交渉になると保険会社は「素因競合による減額」を主張して総損害額からの減額を主張してくると思われます。

素因競合による減額とは、発症した症状の原因が内在していた「変形性関節症」が〇割、交通事故が〇割として、内在していた関節症の寄与割合分を減額するよう主張すること。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/4/1602:04:27

    ありがとうございます

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる