ここから本文です

昨日のクイズ番組を見ていたら「1人当たりの飲酒量の都道府県ランキング」で東京都...

アバター

ID非公開さん

2019/4/1612:40:17

昨日のクイズ番組を見ていたら「1人当たりの飲酒量の都道府県ランキング」で東京都が1位でした。
焼酎で有名な鹿児島県や日本酒で有名な新潟県など酒どころが1位かと思っていたので意外でした。

なんで東京都の人は飲酒量が多くなるのでしょうか?

閲覧数:
73
回答数:
6
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

sip********さん

2019/4/1613:00:40

飲み屋の店舗数と正の相関が高く、飲み屋の多いところでアルコール消費量が多くなっています。オフィスの数も多く会社帰りに飲む人が多いのでしょう。

種類別ですと、清酒の日本一は新潟県。焼酎の日本一は鹿児島県です。これは質問者様の考察がドンピシャですね。東京はビールの消費量が日本一でした。

社会環境とのかかわりを見ると、貧困率と正の相関があり、1世帯あたりの貯蓄額と負の相関があります。つまり、貧困率が高く貯蓄額の少ないところでアルコールの消費量が多くなり

さらに50代男性、60歳以上男性の未婚率と正の相関があり、アルコール消費量が多いところほど高齢男性の未婚率が高いという結果も出ています。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/4/1614:14:54

    これは、すごい分析ですね。
    ありがとうございました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kai********さん

2019/4/1901:20:45

個人的には弱い酒を飲んでいるから
だと思います。
缶チューハイをたくさん呑める人でも
焼酎はそんなに呑めません。
アルコール度数が段違いなので。
弱い缶チューハイと強い焼酎を
ひとまとめにしている時点で、
このランキングは無意味かと。

hfb********さん

2019/4/1620:28:58

神奈川、埼玉、千葉から東京に通勤するサラリーマンが、帰りに新橋で飲んでも東京都の消費量になっているんじゃないですか。

nak********さん

2019/4/1613:51:48

色々と理由はあると思いますが、一番大きいのは収入の差でしょう
平均年収を比較すると、1位の東京と47位の島根?(だったとおもう)の差が確か150万ぐらいあるんです
収入が多い=自由に使える金が多いってことなんで、酒を飲む金もそれだけ増えるってことです

それ以外の要因として、地域による移動手段の違いがあると思います
東京都内の移動手段は主に電車やバスと言った公共機関になることが多いと思います
都会から離れるほど、移動手段は公共機関から自家用車などに変わっていきます
自家用車で飲みに行くには代行が必須ですので、会社帰りに寄りにくいってのがあります
また、東京と比べて年収が少ないことからわかる通り、飲み屋台にさらに代行の金まで上積みしてまで飲もうって感じにならないんですね
自分が運転などを行わない(通勤手段に使う人が少ない)、という東京ならではですね


おもにこの2つが原因だと思います

・収入が多いから飲みに使える金も多い
・移動手段が公共交通機関のため飲酒運転などを心配しなくてよい

wes********さん

編集あり2019/4/1612:44:07

昔から飲み屋が多いから。あと関西人は体質的に酒に弱いけど東京は逆に酒に強いという点でも関係してそう

bes********さん

2019/4/1612:41:25

平均収入が多いからです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる