ここから本文です

中東のアラブ人にもキリスト教を信仰している人はいるのですか?また、どれくらい...

cim********さん

2019/4/1706:24:02

中東のアラブ人にもキリスト教を信仰している人はいるのですか?また、どれくらいいるのですか?どういう背景があるのですか?

閲覧数:
56
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tlk********さん

2019/4/1708:38:58

レバノンでは大統領はキリスト教マロン派から出る憲法の規定が有りましたしエジプトにもキリスト教徒が居ます。
アラブ諸国では殆どのキリスト教徒は少数派となっています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gor********さん

2019/4/1711:40:00

英語のウイキによるアラブ人のキリスト教徒の人数

シリア 50万

トルコ 18万

レバノン 35万

lom********さん

編集あり2019/4/1709:08:57

エジプトやシリア、パレスチナなどは1世紀〜7世紀ごろまでキリスト教信者が圧倒的に多かった地域だったのです。


その後イスラム帝国がこれらの地域を侵略し、支配したのでイスラム教に改宗する人が増えて現在に至ります。その中でもキリスト教の信仰を護り続けた人々が現在アラブ圏の地域に残るキリスト教信者だと思われます。


エジプトでは東ローマ帝国の時代までに、それまでのエジプトの宗教とキリスト教が融合した東方正教会の一種コプト教が広まっていました。それが現在までエジプトで続くコプト正教会です。イスラム教が広まるまではコプト教会の影響を受けて、南方のスーダンやエチオピアに正教会が広まり、かつてはそれら地域もエジプトのコプト教会の管轄地域となっていました。その後スーダンのキリスト教徒は南方を除いて居なくなり、現在ではエチオピアでは独立した正教会として残っています。(エチオピアではキリスト教徒が多い)


トルコにも第一次世界大戦後までギリシャ人系のキリスト教信者が各地にいましたが、ギリシャとトルコの戦争でトルコが勝利したことで、強制的に移住(互いの住民を交換)させられたので、現在はほぼ残っていないと考えられます。


なお、トルコのイスタンブール、シリアのアンティオキア、イスラエル及びパレスチナのエルサレム、エジプトのアレキサンドリアには、キリスト教東方正教会の総主教庁などが現在も存在しているそうです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

na_********さん

2019/4/1708:46:33

いますよ。
イスラムでは、異教徒からジズヤの税をとることができました。
そのため、税収を上げるために、改宗の強要はありませんでした。
アラブ系の人達のキリスト教と言いますと、最大の集団がコプト教徒です。
エジプトを中心とした教会で、カルケドンの公会議で異端とされた人達です。
エジプト人の5%~10%がコプト教徒になります。

それ以外では、シリア正教会がカトリック化したマロン教徒がレバノンからシリアにかけています。
このマロン教徒は、十字軍時代のエルサレム王国の中核となった人達で、おそらくカルロス・ゴーン氏の祖父は、このマロン教徒だったと思われます。
レバノン人のおよそ1/3がマロン教徒になります。

クルド人の中にひろがるのが、アッシリア教会とカルディアカトリックです。
エフェソスの公会議で異端とされ、ササン朝ペルシャで布教したネストリウス派の流れをくみます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる