ここから本文です

鍼灸治療を受けていると、腹がグーと鳴る、腹鳴が生じた経験はありますか?

sug********さん

2019/4/1710:21:04

鍼灸治療を受けていると、腹がグーと鳴る、腹鳴が生じた経験はありますか?

そのような経験がある、経験はない、いずれでしょう。あるならば、それはどの程度の頻度で起きましたか。そして、症状はどのように変化しましたか。

補足治療時に生じる腹鳴反応は、鍼灸だけではなく、患部や経穴といわるような部位を冷やしたり温めたり、指圧などでも起きる。しかし、最も反応が起きやすいのが磁気である。これらのことから、それは物性物理学における「相転移」が関与しているのだろう、ということにピンとくるようでなければ研究者として無能ということである。物質としてごく一般的な現象であることを理解すれば、容易に解明できる事なのである。

物理的現象は、たとえ1個人であってもデタラメに起きることはない。人体を構成する物質はすべての人間に共通であり、物理法則はすべての人間を等しく貫いているからである。人体は複雑であるから慎重に行う必要はあるが、1個人に起きることは、すべての人間に対して起きることである。

生体分子機械といわれるタンパク質分子の物性に基づいて治療理論を構成すれば、大部分の病気は薬物を使うことなく、誰でも自分で即効的治癒させることが可能になる。うつ病や喘息が1日で完治することに何ら不思議はない。

閲覧数:
210
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2019/4/1917:28:23

鍼灸治療をバカにしているあなたがなぜ 受けるんですか あなたの質問 回答を見ました

鍼灸では病気は治せないと言ってますよね

  • 質問者

    sug********さん

    2019/4/1918:02:32

    磁気療法を研究する過程で、鍼灸からのヒントは受けましたよ。しかし、鍼灸師ではないし、鍼灸治療を受けた経験はこれまでゼロですよ。磁気療法の効果が圧倒的ですから、今更鍼灸を試してみる必要はない。

    鍼灸治療では、確実性に欠ける、治療できる病気も限定的である、即効性もない。だから、鍼灸をバカにしているわけではないが、磁気療法に対抗することは不可能だといっているのです。

    大部分の病気は患者が自分で治せるようになる、そのようになれば患者がどの治療法を選択するか。患者から選択されない治療法は、消えていくことになる。それは、鍼灸だけではないのですよ。西洋薬の大部分も消えていくことになるだろう。だから、警鐘を鳴らしているのです。

  • その他の返信(5件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ラスカルさん

2019/4/1907:33:41

よくありますね。

「なんかよく腸が鳴るな」と感じるレベルです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる