ここから本文です

フェレル循環はなぜ高緯度地域から上昇し、暖かいはずの低緯度地域へ下降するので...

nis********さん

2019/4/2012:26:05

フェレル循環はなぜ高緯度地域から上昇し、暖かいはずの低緯度地域へ下降するのですか?

閲覧数:
18
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gal********さん

2019/4/2616:48:16

ハドレー循環によって対流圏上層の空気が緯度30度付近で
下降すると、地上付近で二分し、北上した気流は
緯度60度付近で極循環の下降気流から二分した
冷たい気流にぶつかるので上昇することになります。

そして、上昇した空気は対流圏界面で再び二分して
一方は極循環へ、他方は南下して緯度30度付近で
ハドレー循環へと合流して下降することになります。


galileo9600さん

> 循環風はあると説明しやすい推測の中の風です。

循環風ってなんですか?聞いたことないのですが(笑)


> どこで起こるともわからないため、
> 速度すら観測されずにいます。

どこでフェレル循環が発生しているかググればすぐに分かります。


> 必ずあると解れば
> 航空機がそれを利用しないはずない。

航空機にとって、空気は「空気抵抗」を生むと同時に
「推進力」を生むのも空気です。そのバランスによって
巡航高度が決まります。

寒帯前線ジェット気流はフェレル循環と極循環の
境界付近で発生していますが、それが追い風となれば
飛行時間が短くなり、向かい風となれば長くなります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

gal********さん

2019/4/2616:28:13

循環風はあると説明しやすい推測の中の風です。
どこで起こるともわからないため、速度すら観測されずにいます。
必ずあると解れば
航空機がそれを利用しないはずない。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる