ここから本文です

メカニカルシールについて。

sae********さん

2019/4/2801:00:04

メカニカルシールについて。

カートリッジ式とノンカートリッジ式の違いを教えてください。
ノンカートリッジ式は取付が面倒らしいとは聞いてますが、なぜ面倒なのですか?

閲覧数:
14
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

esp********さん

2019/4/2811:14:21

例をあげて説明します。
例えばウォーターポンプには、メカシール使われていますね。
古い年代のクルマの場合、ポンプのハウジング(たいていは鋳鉄やアルミ鋳物)
に汎用のシールやベアリングを組み付ける形で構成されています。
この構造のメリットは、ほとんどの部品が汎用品のため、寸法と仕様さえあっていれば、メーカーを問わずパーツの組み換えやオーバーホールが可能なことです。
デメリットは、部品点数が多くなり、整備に手間がかかること。
また、組みつけのノウハウがあるていど必要で、例えば、ハウジングの取り付け面がちゃんと出ているかとか、ボルトの締め付け手順を間違えると、ハウジングがゆがむことがあるなど、整備する人間の技能によって、結果が異なることです。
私が過去に分解整備した車では、フェラーリの308系は、このタイプでした。

もう少し新しい年代の車は、同じウォーターポンプでも、軸受やシールを一体のユニットにして、ハウジングに取り付けるタイプのものがあります。
この形式のメリットは、交換が簡単で部品点数が少ないことです。
デメリットは、メーカー側で部品の供給をやめてしまうと、整備もオーバーホールも不可能になる可能性が高いことです。
ロータスエスプリのポンプはこのタイプでした。

もっと進んだ年代の車になると、ウォーターポンプ自体がメカシールごとアッセンブリになって、基本は、アッセンブリ交換で整備するようになります。
メリットは、交換整備にほとんど経験値を必要としないことです。
デメリットは、部品自体の単価が高くなることです。
ロータスエリーゼ、AE86トレノなどは、このタイプです。
現行の車両もほとんどこれでしょう。

実際に作業すると、AE86で30分から1時間程度、308GTBだと3日かかりました。
理由は部品点数のこともあるのですが、周辺部品の分解にかかる手間が違うためです。

質問した人からのコメント

2019/4/28 11:18:38

ご丁寧にありがとうございました。
非常に勉強になりました。
感謝申し上げます!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる