ここから本文です

『漫画家 矢部太郎と考える“核のごみ”』2019/4/17 ⇒ もういい加減、原発やめたら...

blu********さん

2019/4/2115:05:20

『漫画家 矢部太郎と考える“核のごみ”』2019/4/17

もういい加減、原発やめたら?


◆核のごみ
高レベル放射性廃棄物:人が10数秒とどまるだけで死に至るレベル
◆ごみ箱は無い
・地震・火山国の日本では、地層処分は決してしてはいけない
・核のごみの処分の方法も場所も決まっていない
◆原発を稼働すれば、
・核のごみは増加する
・もしMOX燃料を使うと、使用後の放射能レベルは、ウラン燃料に比べ10倍になる
・核のごみの将来コストは凄まじく高い
◆原発が無いと困るのか?
大手電力会社と経団連の一部企業以外は、原発が無くても全く困らない。



◇原発を全て速やかに廃止宣言すれば、

・過去の古い生産性の悪い縮小する産業(原発)から、成長する新産業(再エネ)への転換が進み
・政府が無駄な公共事業に金を出さなくても、民間レベルで巨額投資(再エネ/省エネ/蓄電池/新エネ/LNG火力/送電網)が始まり、日本経済が大きく活性化され、大きな雇用が生まれる
・原発に邪魔されていた再エネの拡大が可能になり、2030年再エネ比率50%も目標とすることができる
・再エネのコストが世界と同じように急激に下がる
・電気料金を高止まりさせている2大要因(原発と再エネ賦課金)が無くなるので、電気料金が下がる方向に向かう
・再エネの急激な拡大が可能になり、日本国の輸入燃料費が急激に減少する。それだけでも、年間あたり十兆円規模の富が創出される。



『漫画家 矢部太郎と考える“核のごみ”』2019/4/17

「ニュースで時々、耳にする「核のごみ」。原発で使い終わった核燃料をもとにつくられる極めて強い放射線を出す「高レベルの放射性廃棄物」のことです。これを処分する場所は決まっておらず、原子力の大きな課題の1つです。

◆“まったくわからないかも”

矢部さん、そもそも核のごみってご存じでしたか?
「まったくわからないかもしれないです」(矢部さん)

◆“それが核のごみなんですね”

ふだん、私たちが何気なく使っている電気。火力、水力、太陽光、そして原子力などを利用して発電されています。
このうち、原発からは使い終わったウランなどの核燃料のいわば燃え殻、使用済み核燃料が出てきます。

日本では、この使用済みの核燃料を、再び原発で燃料として使おうと計画しています。
「え?そんなことできるんですか?」(矢部さん)
使用済み核燃料は、青森県六ヶ所村にある再処理工場という施設に運ばれます。ここで再び原発で利用するプルトニウムなどを取り出し、「リサイクル」しようと考えているのです。そして、この過程で出てくるものが大きな問題となっているんです。
「あ、それが核のごみなんですね」(矢部さん)
そうなんです。取り扱いがやっかいな廃液が出てきます。

これをガラスと混ぜて固めたものが、いわゆる「核のごみ」と呼ばれています。

この核のごみがやっかいなのは、放射線が極めて強いことです。
つくられたばかりのときは、人が10数秒とどまるだけで死に至るレベルの被ばくをするとされています。

原発で生み出した電気は最終的にこうしたごみが出てくるんです。
「なんかやっぱり出るんですね、ごみっていうのが…」(矢部さん)

◆“数万年、誰も生きていない”

この核のごみ、すでに青森県六ヶ所村と茨城県東海村の施設にあわせておよそ2500本がたまっています。

オレンジ色のふたの下に入っていて、十分に温度が下がるまで30年から50年間、厳重に保管し続けることになっています。

矢部さん、この核のごみ、どうしたらいいと思いますか?
「えー、普通のごみは埋め立てますよね。だから、どこかに埋めるんですよね?」
そう、国は、300メートルよりも深い地下に埋めるとしています。
「めちゃくちゃ深いですね!なんでそんな深いんですか?」
理由は、核のごみから出る極めて強い放射線にあります。天然のウランと同じくらいの線量に下がるまでかかる時間は、なんと“数万年”。その間、人も立ち入れない地下深くで保管する考えなんです。

「数万年!えっ?もう誰も生きていないですよね、私たち。まったく想像できないです。急にすごいスケールの話が…。地震とかあったらどうなるんだろう」
地震大国と呼ばれる日本ですもんね…。

処分地を決めるのは、電力会社などでつくる「原子力発電環境整備機構」、通称・NUMO(ニューモ)です。

NUMOは、処分地を選ぶプロセスで、近くに活断層や火山活動がないか詳しく調査するとしています。
また、これまでの研究では地下深くの岩盤は安定していて地震の揺れの影響は小さく、地下水の流れも緩やかだとしています。

また、核のごみは、分厚い金属の容器や特殊な粘土で包まれ、外部に放射性物質が漏れにくいよう対策を施すため安全性は確保できるとしています。

◆“引っ越したいなと思う”

ただ、この処分地、なかなか決まりません。

日本で最初の原発が稼働し始めてから50年以上がたちますが、一向に候補地も見つからなくて…」


矢部,ゴミ,矢部太郎,青森県六ヶ所村,使用済み核燃料,脱原発,漫画

閲覧数:
35
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/4/2120:26:59

よくできた漫画ですね。『脱原発』を訴える書き込みに利用しても良いですか?

「ニューモ」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2019/4/2119:01:10

なんだろ?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる