ここから本文です

春天と言えばさ、ライバル同士が凌ぎを削るシチュエーションで間隙縫って伏兵ドー...

car********さん

2019/4/2313:58:25

春天と言えばさ、ライバル同士が凌ぎを削るシチュエーションで間隙縫って伏兵ドーンみたいなコテコテの持久力戦で予想していてワクワクするとこ有りましたが、ゴルシからのフェームゲーム以来そんな予想もしなくなっ

たなぁ。
今回菊ワンツーの参戦で一応格好ついた形の春天ですが、主役は小手先だけで競馬するタイプ、騎手の上手さは光るだろうが春天自体は地味な感じですね。
また超超スローでクソ長いスーパーリーチ観てる感じになりますかね?

王道から逸れた馬の救済G1に成り下がった春天の行く末は如何に?

閲覧数:
35
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zon********さん

2019/4/2403:37:11

そもそも近代競馬はスピード競馬だからステイヤーは不要って、それをしてるのは競馬関係者やん!

だったらバランスを保つ為、長距離G1は賞金5億とか、もっと増やすとか
すればステイヤーだって貴重になる

そもそも短距離レースより長距離レースの方が人気あるのは確かだし

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

min********さん

2019/4/2400:54:43

昔は距離適性は半ば無視してとにかく古馬の大目標が天皇賞でしたからね('_'?)
秋の東京も昔は3200mでしたしね(-""-;)
シャケトラの不幸が惜しまれますね(ノ_<。)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる