ここから本文です

「コルトのAR15(俗にm4a1)は軍用銃だから、たとえネバダ州に住んでいようと、一...

アバター

ID非公開さん

2019/4/2319:30:27

「コルトのAR15(俗にm4a1)は軍用銃だから、たとえネバダ州に住んでいようと、一般人が所有することはできない」と言っている人をTwitterか何かで見かけたのですが、それは本当なのでしょうか

??

閲覧数:
44
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

pat********さん

2019/4/2410:44:17

ネバダ州はアサルトウェポンの所持はOKなので税金(200ドル)さえ払えばフルオートの銃は所有できます。

アメリカではアサルトウェポン規制法があり、1986年以降、民間で新規のフルオートの銃が登録できなくなりました。なので現在アメリカで民間取引されているフルオートの銃は1986年までに登録された銃です。

しかしM4が登場したのは1990年代に入ってからですのでM4A1は登録できません。(というかそもそも売ってない)
※AR15は俗にいうM16シリーズの民間のセミオートバージョンの総称です。(厳密には違うけど、現在のアメリカ人の認識はそういう認識です)

なので民間で所有されているM4っぽいフルオートの銃は、1986年以前に登録されたAR15をフルオートに改造したものや、M16A1、M16A2などのロアレシーバーに現行のM4アッパーレシーバーを載せてでっち上げたM4モドキです。(性能は軍用変わりませんけど)

また16インチ以下の銃身長の場合はSBR(ショートバレルライフル)の登録もしなければいけません。(別に税金200ドル)
M4の場合は銃身長が14.5インチですので別にSBR登録も必要です。
※スタンダードのA2バードゲージハイダーを溶接固定しても16インチ以上にならないのでアウト。溶接するならもう少し長いハイダーにする必要がある。

普通の民間人が所有するには非常に多くの時間とお金がかかります。
※現在フルオートにコンバートされたM16系の値段は1万ドル以上しますので金持ちじゃないと買いません。

他の方法としてはクラス3のディーラーライセンスを取得することです。
このライセンスがあれば最新のマシンガンでもディーラーサンプルとして購入することができます。
ただここまでくると民間人って言えない気がするので説明は省きますが、アメリカ人の中には金にモノを言わせてディーラーライセンスを持っている趣味人もいますけどw

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/4/2606:59:24

    なるほど!
    フェデラルファイアーアームズライセンスってやつですね!
    回答ありがとうございます!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

Epcy_Gさん

2019/4/2507:37:28

日本の軍用銃規制と混同していないですかね
日本の場合射撃用と狩猟用しか民間人には許可が出ません
ボルトアクションであろうと軍用そのままでは日本では所持が出来ないのです
あめりかでAR15といったらコルト他の民間用をさしまして
軍用のM16とは明確に区別されます
いまはもっぱらM4の時代ですが、これの民間版は
コルトのwebsite:に載っておりまして、立派に市販されております
マガジンの規制やらうるさいことを言う州もありますが
ほぼすべての州で所持が可能です
ただし、連邦法で1986年以前のものでないと民間人はフルオートの所持が出来なくなりました
これも抜け道があるんですが
その人はそこらへんを混同して言っているか
勘違いしているかのどちらかのような気がします

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

tan********さん

2019/4/2408:46:36

軍用銃はフルオートがありますが、一般の人の所持ではフルオートは違法というのはあります。
なので、民間用はセミしか撃てないものだけになります。
例えば、軍用のM14はフルオート機能はありますが、民間用にはフルオート機構のパーツが抜かれた物が売られているようです。
なので、それ以外はそのままですので、セレクターがあった箇所にはそのまま穴が開いた状態になってたりしてます。

よく言われるのは、AR15で「合法フルオート」というのがあって、内部機構でフルオートをさせるのではなく、ストックを前後に動くようにさせることで、疑似的なフルオートを撃てるようにしたものも存在しています。

jon********さん

2019/4/2319:47:06

Wikipediaによるとネバダ州ではアサルト・ウェポン法もないみたいですし、購入・所有に届け出も必要ないようですね。
ただし、銃規制の州法は毎年のように変わるようなので、もしかしたら現在は規制されている、ということもありえます。

https://en.wikipedia.org/wiki/Gun_laws_in_the_United_States_by_stat...

AR-15俗にM4A1とありますが、
AR-15の14.5インチ銃身版がM4カービンとなります。
銃身長以外は基本的に同じ(AR-15はロアレシーバーが本体扱い)なので、この説明は誤りとなります。

アメリカでは銃身長が16インチ以下のライフルは違法になり、M4は銃身長14.5インチなので、違法となります。
逆にいえば、銃身長16インチ(分離不可なハイダー含む)ならばM4と言い張って所有できます

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる