ここから本文です

ココナッツオイルとコプラ油という言葉の語義・使い分けについて、 知っている方...

mic********さん

2019/4/2403:05:59

ココナッツオイルとコプラ油という言葉の語義・使い分けについて、
知っている方がいたら教えて下さい。

ココナッツオイル=コプラ油ということでしょうか?

それとも、
ココナッツオイル≠コプラ油でしょうか?

あるいは、
ココナッツオイル ⊂コプラ油でしょうか?

各種統計書で、「ココナッツオイル」の国別生産量を調べようとしたのですが、
「コプラ油の生産量」というデータは載っていても、「ココナッツオイルの生産量」というものは見つかりませんでしたので、質問させていただきました。

回答お待ちしております。

閲覧数:
27
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

puk********さん

編集あり2019/4/2413:50:54

コプラは、ココナッツ(ココヤシの実)の種子の中の
胚乳を乾燥させたもののことで、
それを圧搾してオイルを抽出します。

ココヤシという植物があり、
その果実をココナッツと呼び、
さらにその中の胚乳を乾燥させた加工品の状態をコプラと呼び、
それを絞って採取したオイルが
ココナッツオイル=ヤシ油=コプラ油 です。


※乾燥させない生の果肉を絞ったヴァージンココナッツオイルもあるので、
正確には コプラ油⊂ココナッツオイル ということになります。

質問した人からのコメント

2019/4/24 13:55:00

おかげでしっかり理解することができました。
ありがとうございました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる