ここから本文です

中国でも兵糧はコメだったのですか。 三国志の話にも、兵糧の話が出てきます。 ...

rit********さん

2019/4/2515:35:53

中国でも兵糧はコメだったのですか。

三国志の話にも、兵糧の話が出てきます。
兵糧は、帰趨を征するほどの大事なものだったようですね。
その兵糧ですが、基本的にお米だったのでしょうか。

北の方では、麦だったりしたのでしょうか。

閲覧数:
75
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nam********さん

2019/4/3000:05:51

古代中国における一般的な兵糧は、粟やキビ等の雑穀ですね。
華南では、稲作が行われていたので、米もあったと思われます。

また、穀物以外にも、干し肉等も食べていたとされていますね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

santさん

2019/5/215:11:53

さすがに三国志時代の事は分かりませんが、第二次世界大戦の頃には饅頭出先でした。

三国志の時代にでも、その饅頭を発明したのが孔明だと言われています。(中国史の何かで読みました)

そもそも中国にはオニギリが有りませんから、お米を炊いても遠征には持って行けない。そうなると小麦粉などを利用した料理になるなら、餃子や肉まんみたいな物になるのかな?

中国では日本みたいに、餃子は副食では無く主食なので、大皿に山盛りの餃子だけで食事になります。

中国人に言わせると、日本みたいな「ラーメン餃子」とか「餃子定食(餃子とライス)」なんて、あり得ないと言いますから。

更に中国には、焼き餃子は殆ど有りません。殆どが蒸し餃子です。
戦場に行っても、わざわざ油と水で焼き餃子を作るよりは、そのままセイロなとで蒸した方が早くて大量に作れるから、数十万人と言う兵士への補給にも素早く対応出来る。

米を研いで、炊いて、炒飯にするには手間暇掛かり過ぎでしょう。
その点饅頭や餃子なら作り置きして蒸すだけで出来るので。

想像です。

ina********さん

2019/4/2516:52:36

中国は秦嶺山脈を境に北が麦作で南が稲作です。
漢中に行ったときに水田が広がっているのを見て、三国時代の蜀も米食だったのだろうと思ったものです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる