ここから本文です

過剰な肉食は大腸がんの原因になるのですか?1日何gぐらい食べるのが体に良いです...

tdn********さん

2019/4/2608:51:50

過剰な肉食は大腸がんの原因になるのですか?1日何gぐらい食べるのが体に良いですか

閲覧数:
53
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

qqq********さん

2019/4/2710:14:16

食べた肉が小腸で十分に消化されれば問題ないのですが大腸まで行ってしまうと腸内細菌の分解で発がん性物質が出来てしまいます。ただ、その発がん性物質を分解する腸内細菌もいて、主に植物繊維を分解している細菌群にそういった細菌が含まれています。腸内細菌叢を健全に保つ事ができていれば問題はすくなくなるという事です。なので一日何gという事よりも食べたもののバランスが重要と考えた方がいいんです。肉を少なくしてもそれ以外に食物繊維の少ない食事しかしていなければ腸内細菌叢を健全に保てません。逆に極端な菜食主義や炭水化物ダイエットもバランス崩して他の問題抱える可能性を高めます。
ご飯を玄米にしてパンを全粒粉にして朝晩納豆と野菜の煮物や炒め物食べて、ってやってればその分多くの肉を食べても問題起こしにくくなります。肉が好きであれば食べる肉のことよりもそれ以外に気をつけろ、っという事です。

質問した人からのコメント

2019/5/2 21:32:19

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ayh********さん

2019/4/2920:29:01

量より便秘の方が危険。
毎日の通常便なら大丈夫だと思います。
お腹に長期間残さないことです(宿便)
たまにお腹の掃除すること(コンニャクとか)

しかし確かに周りで肉好きの人(毎日のように食べてる様でしたが便通は不明)は大腸がんになってましたが。

mir********さん

2019/4/2920:15:12

肉食が大腸がんの原因であることは、マクガバン・レポートやチャイナ・プロジェクトなどで完全に明らかになっています。

そして、どれくらいなら食べてもいいかなのですが、新谷弘美という医師は年に2、3回なら大丈夫と言っています。

cha********さん

2019/4/2700:28:50

腸内代謝の面から言うと、大腸がんの誘因になりうると考えます。
過剰な肉食、つまり高タンパク食は、腸内細菌による主に芳香族アミノ酸
の還元的脱アミノ化によるフェノール類やインドール類などの産生増加が
予想されます。
こういった物質は発がん性を有していますので、大腸の発がんのリスクを
高めるものと思われます。
もちろん、腸内にはこういった物質を無害化する機構もありますので、
ダイレクトに大腸がんが高まると断言できる論理性はありません。
但し欧米型の食事のような、伝統的な日本食に比べて高タンパク・
高脂質の食習慣では大腸がんの発生率は高くなる、ということは
統計的に明らかになっていますよね。

ota********さん

2019/4/2610:50:25

赤身肉と加工肉の過剰摂取が大腸癌の発症率を押し上げるっていう疫学統計はあるにはあるよ。具体的な数字までは覚えてないけど。ただ、年がら年中牛肉食ってる欧米人基準の話なので、もともとの摂取量が少ない日本人はまったく気にする必要ないよ。

ちなみに、科学がよくわかってない人が混じってるけど、疫学は実際の罹患者の生活に基づいた統計であることは事実だけど、統計は推測ではなく「実際に起きている客観的事実」。統計に表れている数字を「推測」と片付けるのは明白な間違い。

プロフィール画像

カテゴリマスター

oza********さん

2019/4/2609:57:35

癌の原因は、現在解明されていませんよね。

今述べられているのは、あくまでも「なった人の食習慣等の傾向」に基づく推測レベルですから。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる