ここから本文です

長さrのひもに質量mの物体Pを付け、初速度V0を与えた。θ=120°で糸がゆるんだ。最下...

koy********さん

2019/4/2723:15:36

長さrのひもに質量mの物体Pを付け、初速度V0を与えた。θ=120°で糸がゆるんだ。最下点で与えた速さV0を求めよ。

下の写真はこの問題の解答です。最初の式の、
mv^2/r=mgsin30°という式が疑問です。
θ=120°地点で円軌道から外れるのに、物体に働く加速度aについて、a=v^2/rは成り立つのですか?そもそもθ=120°地点で、「物体には遠心力が働いている」と言えるのでしょうか?

mgsin30,物体,初速度v0,遠心力,加速度,mgsin,瞬間

閲覧数:
8
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chi********さん

2019/4/2808:30:44

θ=120°で糸がゆるんだ。ということは、θ=120°までは円軌道と考えることができます。
θ<120゚のとき
mv^2/r>mgsin(θ-90゚)
θ= 120゚のとき(その瞬間)
mv^2/r = mgsin(θ-90゚)
θ>120゚のとき
式は成り立たない。

θ= 120゚で運動が止まる訳ではないので。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tos********さん

2019/4/2807:03:21

長さrの紐に拘束されながら、円運動している間は、a=v^2/rが成り立ちます。

円軌道から外れる瞬間までその力は働いています。(円内側への重力加速度に負ける瞬間まで、張力が働いている)

その瞬間がどこかという問題だと思います。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる