ここから本文です

今や、因果応報も、輪廻転生も、天網恢恢疎にして漏らさずも信じていない、拝み坊...

lon********さん

2019/4/2911:47:19

今や、因果応報も、輪廻転生も、天網恢恢疎にして漏らさずも信じていない、拝み坊主だらけなので、葬式で、死者が本当に成仏するようお経をあげる僧侶もいない、

という事でよいでしょうか。

肉体が死ねば、全てが無に帰すると思っている僧侶、仏教関係者、宗教関係者も多くなっているんじゃないですかね。

閲覧数:
47
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

hou********さん

2019/4/2911:56:27

因果応報を信じていないのはお坊さん失格です。形だけの僧侶ではなく、中身の伴ったお坊さんにお経をあげてもらえば、ちゃんと成仏します。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

アバター

ID非公開さん

2019/5/119:48:44

因果応報は必ずあります
復讐は自らするな、神がする
宇宙の法則です
罪なき人間を裏から陥れたり、卑劣な極悪非道な事をすれば、必ず天罰が下ります。
絶対的な法則です

nao********さん

2019/4/2917:10:45

こんにちは!
なっちゃんです!

現在の日本で因果応報といえば、「いじめの加害者だった人が、いじめの被害者になる」というようなピン・ポイント的な因果のことを言ってるようですが、本来は、善いことをすれば安らかな心になり、悪いことをすれば苦しい心になることです。

たとえば、いじめるという行為をすれば、その行為は悪ですから、その心は苦になります。これが、悪因苦果です。暴力や暴言を吐くことは怒り(地獄)だし、人をいじめることで注目を浴びたいのなら強欲(餓鬼)だし、人の痛みが分からないのであれば無知(畜生)だし、優越感を楽しんでいるのなら高慢(天上)です。

このように、人の道を外れて、煩悩を満たすような心の状態を苦といいます。逆に、列車で老人に席を譲れば、安らかな心を得るでしょう。これが、善因楽果です。

悪いことをすれば、その心は苦です。即、そのことは現れます。だから、「原因に応じ報いて結果となる」とみます。生き物を殺せば、その姿が地獄だし、盗みをすればその姿が餓鬼です。不倫をすれば、その姿は畜生です。


時間とか空間というものは概念ですから、過去世の行いの報いが現世に現れたり、現世の行いが未来世に現れるという説は、比喩でしかありません。人々が善いことをするようにと導いています。なので、お坊さんがお経を読んだからといって、未来世で成仏できるわけではありません。

第一、お経はそういう力を持っていないし、お坊さんもそういう能力を持っていません。お経の一つでも読んでみれば分かりますが、お経は生きている人に対して、人道・仏道を説いています。死んだ人に対する内容はありません。


仏教では、死んだら無になるとは説いていません。また、有である、とも説いていません。そういうことに執着しないのが仏教です。

因果応報というと仏教用語のように思われている人が多いけれど、仏教経典ではこの言葉は使われていません。業報という言葉がそれに近いように思います。


以上、なっちゃんでした!

gre********さん

2019/4/2912:30:33

「死者の成仏」という考え方はブッダの教えではないけどね。
一般的には、仏教では死んだら輪廻すると説きます。

「天網恢恢疎にして漏らさず」というのは、仏教以前の古い宗教に典型的に
見られる考え方で、この語句は儒教のものだし、その考え方は、”天”や”神”が人間の行いを常に見ており、善行為には福徳を与え、悪行為には罰を与えるという考え方に根差してます。

このような古いタイプの考え方を「因果の法則」に置き換えたのが仏教ですが、仏教の説く因果はこれまた同時代のインド諸宗教の考え方とは一線を画すものです。諸宗教の説いた因果法則のある面を否定し、ある面は肯定しています。

仏教の教えでは解脱を理想として説きます。
解脱した人は、再び生まれません。
(極楽浄土へ往生するというのは、解脱の違う表現です。ですから、浄土真宗では死者の霊を慰めるようなことや、追善供養を行わないし、明治期以前までは墓さえ造らなかった地域もあったくらいです)

葬儀は俗事です。
宗教以前からある人類普遍の文化ということで、ブッダ時代の出家者も昔の日本の仏教僧も葬儀には関わりませんでした。

葬儀は結婚式と同じく俗事で、そこに宗教が参入していったということです。

キリストもモーゼもムハンマドもブッダも誰かの葬儀を執り行ったということはありません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

fuk********さん

2019/4/2912:24:02

先日、喪主として葬式を出しました。
導師御布施 10万以上
御膳料 5千円以上
道具料 5千円以上
覆衣料 5千円以上
供養料 7千円以上
49日法要御布施 3万円以上
49日法要御膳料 5千円以上
枕経御布施 3万円以上

葬祭場も含め坊主もカネが全てでした。

葬式などしなくて良い。
病院又は自宅から火葬場へ直行の直葬で良いです。

yut********さん

2019/4/2911:50:40

仏教では基本的に霊は否定するという共通見解があります。あの世とか言っているのは形式的で、本気で言っているのは新興宗教だけです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる