ここから本文です

経済学の参考書・教科書に関する質問です。 私は経済学に興味を持ち、マクロ経済...

アバター

ID非公開さん

2019/5/113:09:23

経済学の参考書・教科書に関する質問です。
私は経済学に興味を持ち、マクロ経済学やミクロ経済学を本格的に勉強しようと思っています。
基本的には参考書を用いて独学で学ぶ予定です。

そこでネットなどでおすすめの参考書などを見て、
マンキュー経済学という本が一般的な教科書であるとのことで、この教科書を用いて勉強をしようと思っています。

しかし、amazonなどで検索してみると、

1、マンキュー入門経済学
2、マンキュー経済学Ⅰ[ミクロ編]
3、マンキュー経済学Ⅱ[マクロ編]

4、マンキューマクロ経済学Ⅰ入門編
5、マンキューマクロ経済学Ⅱ応用編

といったような本が売られています。
1,2,3に関しては1が経済学の基礎で、2,3でそれぞれミクロマクロに関して深めていくという認識なのですが、
4,5に関しては3のマンキュー経済学Ⅱ[マクロ編]と何が異なるのでしょうか?

また、もしマンキュー経済学よりもおすすめの参考書があれば教えていただけるとありがたいです。
速習!とか○○時間で分かる!といった参考書以外でお願いします。
数学などのスキルに関しては問題ありません。

よろしくお願いいたします。

閲覧数:
41
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/5/113:34:41

まず『ミクロ経済学の力』という本を読んでください。
東大経済学部で最初に学ぶ経済学の授業を書籍化したものですので高校数学以外の予備知識がなくても読めますし、これ一冊読めば「学部レベルのミクロ経済学」を一通り学べます。

マクロ経済学はミクロ経済学を学んだ後です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる