ここから本文です

高2の地学基礎についての質問です。

アバター

ID非公開さん

2019/5/118:38:30

高2の地学基礎についての質問です。

太陽光の連続スペクトルに見られる暗線から、大気の成分が分かる原理について知りたいです。

詳しく説明して頂けると嬉しいです。

閲覧数:
13
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

mik********さん

2019/5/122:00:02

太陽は全体がガスからできている天体ですが、太陽から来る光については、太陽本体から出る光と、その周りにある太陽の大気を通ってくることによる影響に分けて考えることができます。

太陽本体から出る光は連続スペクトルです。したがって暗線はありません。

太陽本体から出る光が太陽の大気を通るとき、その大気の成分特有の波長の光を吸収します。したがって、その波長が分かれば大気の成分が分かります。
その波長の光は、大気が再度出すのですが、それは周りに向かって出されるため、一旦吸収された光は、地球にやってくる光としては吸われなかった光より弱くなります。これが暗線スペクトルです。だから暗線スペクトルを調べると、大気の成分が分かることになります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる