ここから本文です

インターネットとディジタル化で、2000年来の情報を紙で保存する文化は終焉。50年...

アバター

ID非公開さん

2019/5/306:27:11

インターネットとディジタル化で、2000年来の情報を紙で保存する文化は終焉。50年来のコピー、複写の必要性は消滅。
日本が優位に立っていた複写機産業は、全ておしまいでしょうか?

かっての優良企業は、皆、どうなるのでしょうか?
大量の失業者がでてしまうのでしょうか?

閲覧数:
5
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kur********さん

2019/5/306:46:45

1000年後でも古代歴史の足跡を残すために。
パピルス

和紙
石版
強化紙繊維
など紙産業は残る。

ネットは脆弱だよ。
電磁波攻撃
停電、落雷
PM2毒ガス
宇宙線波
遠隔操作データ消滅
サーバーデータ抜き取り
など。

コピー機は
2D
3D
無数の接続機器での複合体機能など。
22世紀産業。

歩兵は無用になって、エンジニア不足になるのでは?

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/5/307:00:04

    回答ありがとうございます!
    ただ、日本の優良複写機メーカーさん達は。苦労してるんでしょう?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2019/5/6 01:09:28

回答ありがとうございます!
複写機産業は日本の得意分野でしたのに、消滅寸前とは残念ですね。
業界は、早く代替産業を見つけ邁進してくれることを望みましょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる