ここから本文です

FGO第七章ストーリーについて質問です。 ※ネタバレだいぶ含むので未クリアの方は...

kah********さん

2019/5/418:54:10

FGO第七章ストーリーについて質問です。
※ネタバレだいぶ含むので未クリアの方は読まないで下さい。




ギルガメッシュが死ぬことによってティアマトの被害がないことになった、という部

分がいまいちわかりません。ティアマトだけではなく、なぜギルガメッシュが死ぬ必要があったのですか?彼は時代の歪みによって生まれた人ではなく、あの時代に生きた王だったんですよね?彼が特異点の基点だったというのもよくわからないです。だったら、今までのネロやドレイクも重要な特異点のキーパーソンだったのでは…。

なぜ人理修復にギルガメッシュの死が必要だったのでしょうか。

明確な答えは無いと思いますので、ぜひ皆さんがどう解釈しているのか知りたいです。

閲覧数:
87
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jap********さん

2019/5/420:26:13

被害がなかった事にはなりません。
ウルクそのものが滅びる、という結果になるところを、
ギルガメッシュも死ぬ事によって、「ウルク5代王の治世」が滅びる、というものに変わるだけ、
死んだ人はそのままですが、歴史の解釈が大きく変わる。
なぜなら、ギルガメッシュが死ねば第六王に続くから、、
理由はよくわかりませんが、解釈てますかね

被害がなかった事にはなりません。
ウルクそのものが滅びる、という結果になるところを、...

  • 質問者

    kah********さん

    2019/5/420:38:10

    それが、奈須きのこさんのブログで、「ギルガメッシュの消滅によりティアマトの被害がノーカン」と書かれてるんですよ!このストーリー解釈難しいですよね(>_<)

  • その他の返信(3件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/5/4 23:42:41

便宜上BAです。返信ともう1つの回答もどうか読んでください。「ティアマトの存在を証明するものが無くなって初めて被害がノーカンになる」「人間と神を決別させる」どちらの考察もないとシナリオを解釈しきれません!お二人のお陰で納得行く解釈ができました。7章アニメがより楽しみになりました!ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

cle********さん

2019/5/422:13:25

ギルガメッシュは半神半人(神と人間のハーフ)ですよね。
先史(あるいは神話)時代は「神」が主役を張り、後に半神半人が人類を導き、その半神半人も去って人類史がスタートするわけですが、七章のバビロニアは半神半人であるギルがまだ人類史に留まって支配権を行使していました。
正史ではとうに人間に支配権を譲り渡す時代となっていたものの、あの特異点ではティアマトが人間を滅ぼそうと攻撃していたので、ギルは責任感から踏みとどまり、人類側について戦っていたわけですが、それでも半神ではあるので、ティアマトの脅威がなくなりさえすれば、ギルの役目も終わるわけです。
半神であるギルが人類に支配権を禅譲しなければ正史通りに未来は進まない為、ギルは弁えて行動し、己の死も正史の人類史スタートに必要な行程として受け入れたという事かな―――と思ってました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる