ここから本文です

結婚して名字が変わったらパスポートもすぐに新しく作り変えるべきなのでしょうか

dek********さん

2019/5/901:08:33

結婚して名字が変わったらパスポートもすぐに新しく作り変えるべきなのでしょうか

閲覧数:
46
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

rar********さん

2019/5/921:38:48

結婚式翌日にハネムーンに出発するならパス
ポートの苗字変更は間に合わないので殆どの
カップルは旧姓でハネムーンに出発します。
此れは社会通念的にも許容され万が一の保険
事故でも夫婦としての保証が得られます。

結婚から概ね6ヶ月以内なら過去の判例から
古いパスポートで大丈夫ですが、それ以上過
ぎると旅券法違反状態です。

旅券法では婚姻で苗字が変わった時の規定が
以下の様に定められています。
第十条 一般旅券の名義人は、当該一般旅券の記載事項に変更を生じた場合には、前条第一項の規定の適用がある場合を除き、遅滞なく、当該一般旅券を返納の上、第三条の規定により新たに一般旅券の発給を申請するものとする。

旅券法の戸籍が変わった時の「遅滞なく」の
解釈、猶予期間は過去の判例で概ね半年との
判例が有ります。

実際お買い物時のクレジットカード使用時の
パスポート提示要求で名前が異なりお買い物
が出来なかったとか、旅行傷害保険加入を
人数割引の有る家族同時に加入しようとして
名義人の相違で出来なかったとか、レンタカー
のチェックアウトでドライビングライセンスと
パスポートの相違でレンタカー貸し出し出来ず
など不都合も多いです。
又最悪現地でパスポートの盗難、スリ被害に
遭遇した時に慌てて日本大使館に転がり込ん
でも既に旧姓の人物は日本には居ないので大使館
は旧姓での帰国の為の渡航書やパスポート発行は
してくれません、新姓での発行しか認めません。
その場合帰国用航空券は旧姓の為新姓の身分証明
書では別人であるとして搭乗受付を拒否されてし
まい片道の航空券を新姓でもう一度購入しなけれ
ばなりません。ご存知の様に片道航空券は格安な
往復航空券より価格が高いですので大きな出費
となります。日本で出発前にパスポート新姓で
作り直せば5年用のパスポートで¥13000程度
で出来るので数十万円の片道航空券購入と比較す
れば日本出発前に新姓にして置けば良かったと
必ず公開するでしょう。

質問した人からのコメント

2019/5/15 13:40:13

詳しくありがとうございます
参考になります

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

k32********さん

編集あり2019/5/1115:01:26

新婚旅行なら旧姓のままでも問題ないみたい。

嫁と一緒にUSAのイミグレに入り、私は、審査官に問われた。
「フィアンセ?」
「イエス」(全員、笑)

nob********さん

2019/5/922:57:38

rarなんとかさんの回答がかなり詳しくて、私も勉強になりました。改姓直後の新婚旅行は旧パスポートで仕方がないとして、次の海外旅行までには作り直すべきです。

パスポートは「空港で見せる飛行機に乗るためのやつ」くらいの感覚しかない人が多いですが、海外で通用するたった1つの身分証明書です。正しく記載されていなければ何の意味もありません。

自分が誰だか証明できないって本当は恐ろしいことです。トラブルがなければ実感することはないでしょうが、トラブルが起きたらかなり深刻な事態になります。法律に違反してるとかしてないとか、罰則があるとかないとか、そういう問題ではないです。

kat********さん

2019/5/915:17:46

パスポートも免許証もクレジットカードも航空券もホテル予約も新しく作り変えるべきですな

pkm********さん

2019/5/910:27:02

法律上は問題ありますが、実際には罰則もなく黙認です。
ウチの家内も結婚後、期限が切れるまで旧姓で海外旅行してました。

ただし航空券やクレジットカードの名義等には注意が必要です。
身分証明書として使う場合には当然変更しなければ用を為しません。

プロフィール画像

カテゴリマスター

cho********さん

2019/5/902:24:50

旅券法第十条の規定により「遅滞なく」切替発給申請又は記載事項変更旅券の申請をするものとなっています。
遅滞なくとは、合理的な理由がある期間を除くということです。
具体的には
・婚姻後すぐに海外旅行に行くから切替発給申請等をする暇がない
・在外公館へは交通至難(又はその国にない)で、申請や受領が物理的に困難
・病気や心身体障害で窓口まで行くのが困難
・手数料が払えないほど困窮
等が考えられるのではないでしょうか。
・当分海外旅行に行く予定がない
は合理的な理由にならないと考えられます。

判例からは
直ちに>速やかに>遅滞なく
左に行くほど即応性が高いとされています。

「どっちでもいいよ」、「しなくてよい」等アドバイスする人もいますが、新姓に慣れた頃にうっかり新姓で航空券(取消手数料100%等)発券手続きをしてしまい、パスポートとの名義相違に狼狽する質問者がいますね。
また現地でパスポートをなくすと余計な損失(経済的、時間的)が発生するケースも有り、全て自身で解決せねばなりません。
海外旅行傷害保険被保険者とパスポートの名義も一致していないとキャッシュレス受診は拒否される場合もあるでしょう。
まあ何もトラブルが発生しなければ無事に帰国できるんでしょう。

手続きをしなくても直接の罰則はありませんから、手続きしない人も少なくないのでしょう。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる