オフホワイトが、他の色を少し含んだ色との記載がありましたが、 これは、厳密に、「どんな色が入ったとしても、オフホワイトだと」言えますか?? 変わった組み合わせはありますか?

オフホワイトが、他の色を少し含んだ色との記載がありましたが、 これは、厳密に、「どんな色が入ったとしても、オフホワイトだと」言えますか?? 変わった組み合わせはありますか? 「正しく」教えてください。 お願いします。

日本語 | ファッション150閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

オフ‐ホワイト(off-white) わずかに灰色または黄色がかった白。 オフホワイト 【おふほわいと】 白色の中でも「灰色がかった白」または「黄色がかった白」をさします。 他にも「漂白されていない生地の色」「生成り」や「抑えた白色」と表現する場合もあります。 よく「アイボリー」と混同されることがありますが、アイボリーは「象牙の色」というわかりやすい例えがあります。 ホワイト」は白のことですね。 くすみのない純白や真っ白が「ホワイト」ですが、オフホワイトやアイボリーなども含めた白系の総称でもあります。 ホワイト1 「オフホワイト」は英語で書くと、off-white、offは「~から離れて」という意味です。 なので、オフホワイトは「白から離れて」という意味で、純白(ホワイト)にかすかに色をふくんだ色です。 黄色や灰色を帯びた白ですね。 生成り(漂白していない)の色もオフホワイトです。 スポンサードリンク 日本人にはホワイトよりもオフホワイトの方が似合うため、ドレスもオフホワイトが人気だそうです。 あと、私のイメージでは、ロハスな生活やナチュラル志向の方は生成りのワンピースを着ているような気がします。 あくまで私のイメージです。 ホワイト2 「アイボリー」は、ivory、象牙のことです。 象牙の黄色がかった・やや灰色の白色がアイボリーです。 クリーム色やベージュを薄くしたような色ですね。 オフホワイトよりは黄色や灰色の色味が強いです。 クラシカルなドレスでは、経年の風合いを出すために(実際に古いこともある)ホワイトではなく、アイボリーカラーにすることもあります。 ホワイト3 私の目にはアイボリーは黄色や灰色ではなくピンクがかって見える(この色見本だけでなく、他のアイボリーでも)……私の目がおかしいのか(+_+) ホワイト4 ホワイト5 2.「パールホワイト」と「スノーホワイト」の色の違いと名前の意味は? 「パールホワイト」とは、真珠のようにつやを帯びた白色のことです。 ウェディングドレスの生地がパールホワイトかな。 メイクでパールというと、ラメよりも細かい粒子で、キラキラというよりもつやっと見せてくれる化粧品・カラーです。 ホワイト6 「スノーホワイト」は、雪のような白さのことです。 JISの色彩規格ではスノーホワイトは「白」ですが、色を文章表現ではなく数値で表したときにはホワイトよりも少し青みがかっています。 ホワイト7 ホワイト9 また、パールホワイトやスノーホワイトというとジャンガリアンハムスターですよね。 ハムスターでは、ノーマルの白い毛色がパールホワイト、ブルーサファイアの白いのがスノーホワイトです。 見分け方、背中に黒(グレー)の線が入っていればパールホワイト、線がないのはスノーホワイトです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

くすみのない、 オフホワイトがドレスに似合っている、 スノーホワイトが、青みがかり、 ハムスターの色、 覚えておきます。 大変参考になりました! BAも悩みましたが、お二方詳しくありがとうございました!

お礼日時:2019/5/17 12:52

その他の回答(1件)

0

正確にはどの色味が混ざっているかは定義されておりません。 純白に何らかの別の色がほんの少し混じった感じの色は、 定義的にはすべてオフホワイト扱いです。 ですがあえて例えを言うのであれば灰色もしくは黄色が混ざった限りなく白に近い白と言われております。 ファッション業界ではボーンホワイト(骨の色)とも例えられております。 色味が近いもので言えばアイボリーなども出てくると思いますが全く違う色だと認識してください。 あくまでどの色が混ざっていても定義的にはオフホワイトです。