ここから本文です

江戸が舞台の恋愛小説が読みたいです。 史実でいうと、桂小五郎と幾松の夫婦愛...

アバター

ID非公開さん

2019/5/1906:00:04

江戸が舞台の恋愛小説が読みたいです。

史実でいうと、桂小五郎と幾松の夫婦愛がとても好きで、ああいうのが読みたいです。
曖昧な表現で申し訳ないですがお勧めのものはありますか?

閲覧数:
18
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2019/5/1910:56:15

江戸時代版ロミオとジュリエットと言われたのは藤沢周平「蝉しぐれ」。

数奇な運命と美しい情景描写の中での恋愛?時代小説は「雷桜」。
https://www.kadokawa.co.jp/product/200302000641/

浅田次郎「輪違屋糸里」は、新選組をめぐる女性を軸にした恋愛、時代小説で新選組の運命と共にどちらかというと悲恋ですが読後感は良い小説です。https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163229508

ちょっとドロドロした背景ですが、江戸時代の恋愛と言えば「絵島生島事件」。これを題材にした小説はたくさんあります。平岩弓枝「絵島の恋」などが読みやすいかも。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる