ここから本文です

インクジェットプラバンを作成しています 仕上げに印刷面をコーディングしたい...

ill********さん

2019/5/1405:50:41

インクジェットプラバンを作成しています

仕上げに印刷面をコーディングしたいのですが、もろもろの理由からuvレジンは使えません

ネットにニスで仕上げも可能という意見もみたのですが、油性マジックに対して水性ニスを使用することという注意書きしかありません

インクジェットプラバンに対して仕上げにニスを使用する際は、水性・油性のどちらにすればよいでしょうか

また、代案がありましたらお聞かせいただけると幸いです

閲覧数:
40
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2019/5/1412:07:51

自己用なら透明マニキュアやトップコートでもカバーできますよ。(ジェルネイル用は柔らかいから傷つきやすくてダメ。昔ながらの乾いたら硬くなるものを使う)
娘のキーホルダーは印刷+シール貼ってトップコート塗ったプラ板を2年使ってますけど、綺麗なものです。
販売用なら強度足りないかもですが…

ニスは油性水性どちらもインクジェット印刷と相性悪い気がします。
同じ条件で色つけ熱収縮させたプラ板の切れ端などで試すしかないです。

インクジェット印刷したプラ板で色落ちしたことありませんが、、なぜコーティングしたいのですか?

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

rho********さん

2019/5/1408:33:17

インクジェットプリンタで印刷した物は、水性ニス・油性ニスのどちらを塗っても滲む可能性があります。

油性ニスはシンナー、水性ニスは水を溶剤として含んでいますが、普通のインクジェットプリンタのインクはそのどちらでも溶けますから、一度に厚く塗ったり刷毛で擦るように塗ったりしたら溶けて流れる可能性が大ですね。(絶対ではありませんが)

UVレジンの様に無溶剤のものなら、ほぼインクを溶かさずにコーティングできますが・・・

で、ニスで溶けて流れてしまう場合でも、塗り方によってはインクを溶かさずにコーティングすることが可能です。

例えば、スプレーでごく薄~く塗っては乾かすことを何度も繰り返せば、滲まずに塗ることができます。

もちろん加減が大事で、特に最初は本当に薄く薄く塗って、表面に一枚皮膜ができたら、後は少しずつ厚く塗っていっても大丈夫です。

まあそのへんの加減は、あなたの使っている材質によって変わってきますから、できれば一発勝負ではなく事前に何度かテストしてみることをお勧めします。

あと、油性ニスよりも水性ニスの方が塗装時の問題は起きにくいですが、塗装後の耐久性は油性の方が上ですよ。

プロフィール画像

カテゴリマスター

hi_********さん

2019/5/1408:07:28

シールタイプのラミネートフィルムを貼っては?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる