ここから本文です

日向灘が南海トラフ域ではないとここで見ましたが、宮崎市のHPでは南海トラフが発...

アバター

ID非公開さん

2019/5/1611:54:33

日向灘が南海トラフ域ではないとここで見ましたが、宮崎市のHPでは南海トラフが発生した場合日向灘地震も発生するとされてます。

これは南海トラフが発生したあと日向灘地震も発生すゆということですか?同時に発生するとは同じものということでしょうか?

閲覧数:
132
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

pse********さん

2019/5/1612:11:55

南海トラフ地震のあとに日向灘で地震が起きる可能性も、同時に起きる可能性も想定されています。

知恵袋の回答の中には不正確なものがあるので注意が必要ですね。

まず、南海トラフ域がどこかについては、気象庁の南海トラフ地震の解説が分かりやすいです。
https://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/nteq/nteq.html

南海トラフとはフィリピン海プレートが日本列島の下に沈み込んでいる沈み込み口です。海底地形が低く谷のようになっているところがあります。これが「南海トラフ地震の発生メカニズムの概念図」で海溝と呼ばれているところになります。

沈み込んだ先では上側のプレートと接しているのですが、ここが将来の断層面になります。接している面にまさつがあるので、フィリピン海プレートが毎年同じ速度で沈み込みながら上側のプレートを引きずり込んでいる、というのが今の状態です。この接触面の状態が変わった時に南海トラフ地震が起きます。

「過去に発生した南海トラフ地震の震源域の時空間分布」の上の図にあるように、静岡沖から宮崎沖までは、同じような地下構造をしていて、接触面のまさつで支えていることが分かっています。ですから、フィリピン海プレートの沈み込みによる地震があるという意味で、日向灘も南海トラフ域に含まれます。

ただ、くわしいことが分かっている過去の南海トラフ地震では、四国から東だけが動いたことが分かっています。日向灘で同時に地震が起きたことはないです。宮崎市の資料でも日向灘の地震が南海トラフ地震と関係なく起きていることは紹介しています。
https://www.city.miyazaki.miyazaki.jp/life/fire_department/hazard_m...

しかし、地学的には同時に動く可能性は多少あるので、南海トラフ域に入れて想定をしています。また、大地震の余震はその断層の周辺に広がりますので、南海トラフ地震の後に日向灘でもいくつか地震は起きるだろうと考えられています。

地震カテでは、気象庁や政府・地震本部の資料を理解できない人が、地震学者は間違っている、正しいのは私だ、と思い込んで、不正確なことを書くことが多いです。まずは国、県、市の資料で正確な知識をつけるのがよいでしょう。

  • pse********さん

    2019/5/1612:29:01

    「日本は全般的に太平洋にある2つのホットスポットを起点に動いている太平洋プレートの力を受けています」はウソですね。高校理科で習います。やれやれ。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gba********さん

編集あり2019/5/1817:23:33

起きてみて初めてわかるものです。いろいろな地震が連携して起きたときを想定しています。沖縄から愛媛県にかけては何と言うのでしょうか。南予地震がよく起きています。それが気にかかります。別な物を付けても良いと思います。

dai********さん

2019/5/1617:58:07

歴史的に
東海、南海、東南海、日向灘
この4つが数年から数日の誤差で地震が起きてる

同時の記録はない

プロフィール画像

カテゴリマスター

nvw********さん

2019/5/1617:34:42

【日向灘が南海トラフ域ではないとここで見ましたが、宮崎市のHPでは南海トラフが発生した場合日向灘地震も発生するとされてます。
これは南海トラフが発生したあと日向灘地震も発生すゆということですか?同時に発生するとは同じものということでしょうか? 】


・「宮崎市のHP」は確認できませんでしたが、
「宮崎県」[トップ > 暮らし・教育 > 防災 > 南海トラフ地震の被害想定及び計画 > 県における最大クラスの地震動に関する想定について]<https://www.pref.miyazaki.lg.jp/kiki-kikikanri/kurashi/bosai/page00...>には、

『更新日:2019年5月13日 県における最大クラスの地震動に関する想定について
・・
この地震動に関する想定は、

内閣府が公表した「南海トラフ巨大地震」による震源モデルの陸側ケースと、日向灘を中心として大規模な地震が発生する本県独自の震源モデル

の2つのケースを選定した上で、県として詳細な地盤構造等のデータを用いて、より精度の高いモデルとして、シミュレーション計算を行なったものです。・・』

とあり、ご質問の「南海トラフが発生した場合日向灘地震も発生する」との記述はありません。

プロフィール画像

カテゴリマスター

yos********さん

2019/5/1612:27:27

日本は全般的に太平洋にある2つのホットスポットを起点に動いている太平洋プレートの力を受けています。
2つのホットスポットは、それぞれハワイ諸島とカロリン諸島付近にあり、それぞれの方向からの力が合成されて加わっているのです。

その合成された力は概ね東南東方向からとなりますから、向きや力の大きさが安定していません。
国土地理院が電子基準点を観測し続けているのも、その事が背景となっています。

南海トラフ域も日向灘域も、ともに同じ力を受けているのですが、南海トラフ域へはやや斜めから、日向灘では真正面に近い向きから力を受けていることになります。

そのため、太平洋プレートの移動力が極めて強くなると同時多発的に両方とも動いて大地震となる可能性はあります。
しかし日向灘から見た場合は、南海トラフ域へ力を加えるように配置とはなっていません。

一方、南海トラフ域の大規模地震は、上記の力に加えて伊豆方面や関東方面での地震活動に伴う東北東からの力も加わって、腕押ししている腕を横からずらすような力も加わりますので、南海トラフ域沿いに日向灘方面へと力を加えてしまう原動力の一因になると考えられるのです。

このような力学的観点からの分析はほとんど行われていないようです。
そのため地方自治体も政府の地震調査委員会などが出す見解に基づいて、自分たちの地域に合わせた情報公開としている事例が多いようです。

● 歴史上の日向灘域の地震と南海トラフ地震は☆で示してあります

日本は全般的に太平洋にある2つのホットスポットを起点に動いている太平洋プレートの力を受けています。...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる