ここから本文です

マンチェスターシティのウォーカーはサイドバックなのにかなり中にしぼってポジシ...

kiy********さん

2019/5/1612:37:01

マンチェスターシティのウォーカーはサイドバックなのにかなり中にしぼってポジションとることが多いのですが、なぜですか?

初めてシティの試合を2試合程観たのですが、そのようなシーンが多かったので質問してみました。

閲覧数:
81
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rx7********さん

2019/5/1615:29:44

ビルドアップ時に2ボランチ(ボランチ+ウォーカー)+3CBの形になることでΣの陣形になることで相手の前プレに対して
パスの選択肢を複数用意でき、スムーズなビルドアップを行うためです。

また守備時(カウンター時)には、走力を活かし広いカバー範囲でカウンターを防ぐためです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kj1********さん

2019/5/1615:19:37

ウォーカーがペップ戦術の特徴の1つである偽サイドバックの役割を担っているからです。

通常サイドバックは攻撃時にサイドを駆け上がりますが、ウォーカーはオーバーラップしない替わりに内側に絞って、ビルドアップに加わっています。

また内側に絞ることで、ボールを奪われた際に相手バックラインから相手ウイングへのパスコースを遮断し、カウンターを防ぐ役目もしており、攻守共に明確な役割を持ってあの様なポジション取りをしています。

プロフィール画像

カテゴリマスター

roc********さん

2019/5/1614:02:12

CBに交じってパス交換するからだと思います。
ウォーカーはキック精度も良いので。
ボランチのフェルナンジーニョがどちらかというとゲームメイクが上手い選手では無いのも関係しています。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる