ここから本文です

現在、借地の更新料を求められております。 更新料は、相続税路線価に1.25倍して...

mie********さん

2019/5/1614:22:51

現在、借地の更新料を求められております。
更新料は、相続税路線価に1.25倍して推定の公示価格を求め、借地権割合60%として借地権価格の10%を求められております。

聞くところによると裁判事例では3~5%程度だと聞きます。不動産業者によれば10%ととも聞きます。

うちは道路から奥まったところにあり、車も入らず、路線価もありませんが固定資産税の路線価はあります。

私としては、路線価がないことから奥行逓減価格を求めたいこと、出来れば借地権価格の5%でお願いしたいのですが一般的にどうなのでしょうか?

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
46
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

krs********さん

2019/5/2308:53:41

交渉でしょう

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ken********さん

リクエストマッチ

2019/5/1616:22:38

先ず、借地料の更新料というのは支払う義務があるのかについて
→契約書(高騰の契約を含まない)で更新料を支払うことになっていなければ、更新料の支払い義務はありません。
一方、社会では更新料の話が持ち上がり、契約書にはないが慣習や慣例として支払いを受けて来たので、今後も請求できるとする地主は後を絶ちません。
しかし、裁判所は一貫して「更新料支払いの慣習はないから、支払いを求めることはではないが、借地人から任意に更新料として提供された場合、これを受け取ったときは、後日返還するまでの義務はない。」としています。これが結論ですのでしっかり確認しておいてください。

では、その契約があったとして回答します。
借地料の計算は、質問者の考えでよろしいかと思われます。
その上で更新料については、
更地価格の3%と言われたり、借地権価格の5%と言われたりしますが、借地権割合6割の場合、更地価格の3%が借地権価格の5%になります。ただし、借地権価格の5%というのも、世間で言われているだけであって、根拠(法的な裏付け)はありません。

「裁判事例では3~5%程度だと聞きます」とありますが、それはそのような契約書(特約)があるために、そのような判決をしているだけのことで、契約がない場合は、冒頭で説明したように認めておりません。

ところで、更新利用を支払うという契約書があるが、金額が明示されていない場合は、裁判所としては「和解勧告」をして双方の折れ合う範囲で認めているというのが現状です。

ただ、不動産業者がいう10%についても、どこにも根拠がないことは確かです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる