ここから本文です

結婚ビザには、在留資格の種類に、配偶者ビザと、永住ビザがあんの?

アバター

ID非公開さん

2019/5/1700:30:14

結婚ビザには、在留資格の種類に、配偶者ビザと、永住ビザがあんの?

普通、海外から日本に配偶者予定の人を呼ぶ場合、相手は海外で配偶者ビザと、永住ビザ、どっちを取得するのが一般的?

閲覧数:
39
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cha********さん

2019/5/1703:40:46

>結婚ビザには、在留資格の種類に、配偶者ビザと、永住ビザがあんの?

日本の話なら、そもそも「結婚ビザ」というものはありません。

混同されていますが、ビザとは外務省在外日本大使館・総領事館発行の
法務省入国管理局入国審査官へ宛てた推薦状のようなものです。
入国審査を受けるためだけにビザが必要なのであって(観光目的などの短期滞在ビザは国籍国によっては免除されます)、ビザは滞在許可ではありません。

日本に滞在するためには法務省入国管理局が発行する在留資格・在留期間が必要です。外国から来る外国人には入国審査時に上陸許可の形で発行されます。

結婚による在留資格の種類としては、日本人と結婚した外国人ならば「日本人の配偶者等」という在留資格になります。
在日外国人と結婚した外国人ならその在日外国人の在留資格によって「永住者の配偶者等」「定住者」「家族滞在」のいずれかになります。

>普通、海外から日本に配偶者予定の人を呼ぶ場合、相手は海外で配偶者ビザと、永住ビザ、どっちを取得するのが一般的?

日本には移民ビザ(=入国時に永住権がもらえるビザ)はありません。

入国時に「日本人の配偶者等」の在留資格をもらうために用意するべきビザは、「特定ビザ」と言いますが、婚姻後しか取得はできません。

日本には婚約者ビザのようなものはないので、日本人の配偶者【になる予定】の外国人を日本に呼ぶ場合は「短期滞在ビザ」又はビザ免除で入国するしかありません。婚姻後に日本の入国管理局で「短期滞在から日本人の配偶者等への在留資格変更許可申請」をすることになります。

日本の永住者になるためには、まず長期滞在できる在留資格で更新を重ね、在留歴を重ねて条件を満たした後に永住許可申請をして永住許可をもらいます。「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」ならば最初は在留資格1年で、何度か更新して3年か5年の在留期間をもらえて婚姻後3年経っていれば、永住許可申請ができます。「定住者」ならば在留歴5年以上、就業系の在留資格の場合は10年以上の在留歴が必要です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

lne********さん

2019/5/1714:08:20

永住ビザなどと言うものはありません。ビザは、日本に入国するために日本大使館で取得するものです。
初めから永住許可が与えられることはありません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる