ここから本文です

野球でピッチャーをやっています。

she********さん

2019/5/1700:32:01

野球でピッチャーをやっています。

肩のスタミナを付けたいのですがどうすれば付けれるでしょうか
できるだけ長いイニングをしっかり投げれるようになりたいです
どういうトレーニングなどをすればいいか教えてください

閲覧数:
48
回答数:
8
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mak********さん

2019/5/1821:51:18

肩のスタミナというのが良く分かりませんが、怪我をし難いという事なのか。投げていても肩が張って来ないという事なのか。それとも身体的な疲労感を言っているのか。

それぞれによってアプローチは変わってきます。

どちらにしても、肩のスタミナという体力的なものを考えれば効率の良いエネルギー消費が必要ですから、正しい投球フォームを身につける必要が有るかと思います。特にオーバー以外の投げ方だと。

更に言えば、筋力をつける必要があります。
筋肉はパフォーマンスの向上だけでなく、関節保護にも働いて居ますから、関節保護の観点からも筋力向上は必須と言えます。

次に、肩関節における可動性が必要です。具体的には筋肉の伸張が重要であり、正しい可動域を筋肉の十分な伸張を持って持つ必要があります。



これらから、ストレッチグ、筋力トレーニング、フォーム指導が必要になります。
筋力トレーニングに関しては、投球動作で身につけるとか言ってますけど、ウエイトトレーニングなど無酸素系の運動で付ける方が明らかに効果です。

投球後のアイシングを見たら分かりますが、炎症が起きてますからね。
毛細血管も損傷してますし、疲労物質も出てます。科学的に考えれば、明らかに怪我します。今時根性論で頷いてはいけません。
トレーニングを実施する意味も考えましょう。



筋トレ、ウエイト、ストレッチ、フォーム指導。
ウエイトなら、肩関節に作用してるものであれば大胸筋、上腕二頭筋、上腕三頭筋、広背筋、三角筋など。
筋トレは回旋筋腱板に対するチューブトレーニング、側臥位での内外旋で十分です。

ストレッチは上記の筋に対して。

フォームは指導者に指示を仰ぎましょう。
SNSでフォーム分析、アドバイスをしてる人もいるのでアポイントやアドバイスを求めても良いかもしれません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tar********さん

2019/5/1816:07:47

投げ込むことです

元阪神の下柳投手をご存知でしょうか
彼はプロに入ってホークスに行ってから運命的な
コーチとの出会いをしています
そのコーチは下柳に徹底的に投げさせました
投げる事で肩肘のまわりの筋肉を鍛え上げたんです
毎日投げていたと言っています
試合がある日も無い日も全て

阪神をクビになってからもアメリカのマイナーのテスト
を受けに行けるぐらい元気でした

昨今、高校野球で「球数制限」が話題になっています
個人的に言うなら球数を決めるのは「練習量」なんです
練習量が多い投手は1試合で200球300球投げても壊れません
しかし週3で50球ぐらいしか投げていない投手は試合で
たまたま先発が打たれ、早いイニングで登板し、たまたま
好投して50球を越えて投げないといけなくなったら
間違いなく故障します
チームの監督が各投手に球数を決めて高野連に申請する
それを以て「球数制限」を行うなら何も問題は無いと
思っています

投げるスタミナは投げる事でしか養えません
打つ事も同じです
バットを振る事でしか養えない物はたくさんあります

qin********さん

2019/5/1815:34:20

走り込みは基本。

長いイニング投げるのに一番大事なのは投球動作の中で無駄な力が入ってないか。
ボールが離れる瞬間だけ自分の持っている力100%使えるようなフォームを身につけよう。

プロフィール画像

カテゴリマスター

ten********さん

2019/5/1722:00:42

投球は下半身で行うもの。

毎日10キロ以上の走り込みと、
その直後400m走5本70秒以内、
100m走5本16秒台。
片足スクワット左右20回。
縄跳び走り400m。

日本のスポーツ選手は他競技をしない。
故に、有効な練習を知らない場合が多い。
軸足を鍛えるために、キックボクシング、
背筋を鍛えるためには剣道の素振り。

投手なら、剣道の素振りを取り入れるべき。
握りは野球のバットに極致、
松坂投手も、剣道をやっていた経験が、
投手として大きく効果があった。
背筋が鍛えられるので、
強化、おまけに球速アップ効果がある。
しかも、背筋は多くの場合一生落ちることはない。
当然、肩の筋肉も強化される。

明日、剣道部に素振りを教えてもらうこと。
バッティングにも効果的で、
松坂の投手としての素晴らしさを痛感する。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

oma********さん

2019/5/1711:18:50

肩そのものにスタミナなんてのはありません。
鍛えると言うより壊れるだけです。

投げ込めばそれだけ下半身の筋肉はつきますし、心臓も強くなります。しかしまともに下半身強化をするなら、投げ込みだけでは下半身が強化された頃には確実に肩を壊します。

だから、ランニングで下半身強化してさらに持久力をつけるのです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

sai********さん

2019/5/1707:55:40

肩のスタミナをあげる方法なんてのはない。そういうのは先天性のものだからな

長いイニング投げたいならペース配分するしかない。主力打者やピンチの場面では全力で投げて、それ以外の場面では7割程度の力で投げる

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる