ここから本文です

多元的無知という現象の説明について質問です。

アバター

ID非公開さん

2019/5/1807:13:18

多元的無知という現象の説明について質問です。

1つ目は『どう解釈していいかわからない事態に直面したとき、周囲にいる第三者の行動にその基準を求めようとする現象』2つ目は『傍観者自身が最初に過剰反応して恥ずかしい思いをするのを恐れて介入しないのだが、他の人が介入しないのは、事態が介入を必要としない事態だと解釈する現象』 どちらが正しいのでしょうか?または、両方くっついていないと説明にはならないのでしょうか?

閲覧数:
28
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

luc********さん

2019/5/1808:20:50

とおりすがりなので心理学辞典を引っ張り出して調べておらず記憶の範囲ですが、多次元無知とは、個々人が本当はその規範とか価値観を受け入れていないのに、社会の他の人はそれを信じていると思い込んでしまったり、行動を見て他の人たちの態度を判断して結論を誤ってしまうことだったかと思います。
傍観者効果というものをこの考えで説明すると、記載の二つ目の説明の後半部分に概ね繋がり、他の人は介入を必要としていないと考えているだろうと誤解することかと思います。説明の前半の恥ずかしいもいうくだりは評価懸念なので、別の話です。多次元無知と評価懸念と責任の分散の三点で傍観者効果が説明されると記憶しています。
集団の社会心理学や傍観者効果について少し調べるともう少しわかりやすい説明があるかもです。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/5/1808:33:33

    回答ありがとうございます!2つめの説明でとりあえずは大丈夫なのでしょうか?学校のレポートで、教科書から抜き出して説明するようにと言われていて、多元的無知の説明に関する話題としては1つめと2つめまでが記載されていましたので、どこを抜き出したらいいのかを悩んでいるところでした。

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる