ここから本文です

シマノとダイワについてなんですが、会社規模や自転車での技術から考えてシマノの...

アバター

ID非公開さん

2019/5/1821:47:20

シマノとダイワについてなんですが、会社規模や自転車での技術から考えてシマノの方が上という内容の質問を見て若干納得してたんですが、回答のなかに「ダイワの特許がないとシマノはリールが作れない」みたいな回答

があったんですが、そんな特許あるんですか?

補足結局、「シマノはダイワの特許がないと作れないのか」という点について明確な回答がないんですが、どうなんでしょうか?

閲覧数:
218
回答数:
11

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nor********さん

2019/5/1917:03:42

最近まで使ってたラインローラーでしょう
自社製が間に合わなかっただけでしょうが
自社製を使いだしてトラブル続きでシマノファンはラインローラーについては何も言わない
最高のリールと言いつつトラブルリールに成ってたハイエンド機のステラ
同様に他の機種も良くはなかった
最近はトラブルもなくなり自社製の性能も良くなったようです
お互いに特許は使ってるでしょうが綺麗に巻くラインローラーはリールの大事な部品です

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/10件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

may********さん

2019/5/2321:25:57

工業製品は特許の塊ですよ
実際にはリールも2,3年でMCなんで
出願中で十分な様ですがww
ちなみに、シマノの自転車の技術と
釣りのリールの良し悪しに何の関係も無いです。
機械好きの単なる妄想です。
メンテしてれば実釣に差は出ないと思います。
しかし、カンパニョーロがリール作ったら
私は即買いしますけどね(笑)

tri********さん

2019/5/2320:22:50

特許の有効期間は20年。
なのでどちらの特許が云々せずとも、たぶんスピニングリールはつくれます。

・釣りのリールは生まれたときから特許のかたまりで、スピニングリールのフルベールにしたって大昔は欧州メーカーの特許でした。

・内蹴りのベールアーム返しも過去はドイツのダム社だったか。79~80年頃にこれを国産で初めて採用したシマノのリールを買ったら説明書きには技術提携しましたとか書いてあったような・・・。

・LBスピニングはダイワの特許。特許が切れてシマノはだしたけれど、ダイワのディスクブレーキ構造に対してシマノは反骨精神かシュータイプの構造でした。

・記憶が定かではありませんが、シマノのバランスロック?とかいうバランス取りで、かつてダイワを訴えたことありませんでしたっけ?

・糸縒れ軽減ツイストバスターはダイワ特許とってました。

<総評>
特許なんてものは、買い使う側の私たち釣り人には何の恩恵はありません。
むしろ製品化しないものにまでにも幾多の特許があることによって、参入者を妨げていたんです。といっても現代は、釣り具が尻つぼみになった昨今は新たな参入は残念ながら見込めませんがね。

yuf********さん

2019/5/2307:53:48

私が知っているのは、レバーブレーキ付きリールのレバーです。

ダイワが特許を取ってしまったので、ストレートタイプのレバーが作れず、使いにくい形のレバーでした。

hkp********さん

2019/5/2019:42:11

特許については興味が無いですが、一つだけ間違いないのは、シマノの製造技術は1流でも開発技術は2流って事です。

シマノにまともな開発技術があったら14ステラなんてすっ飛ばして18ステラが作れたはずなんです。
イカ型ラインクリップ、コアプロテクト、ドライブギアとピニオンギアの寸法なんて設計段階で真面目に考えていたら14ステラで18ステラと同じ仕様に出来ただろうにと思います。

過去にもこういうのがあるのです。


竿でも磯竿でAGSの成功にタダ乗りしようとしたらカーボン製のXガイドはコケて、ダイワのAGSの形状を真似てチタン鍛造で作った継竿用Xガイドを作ったりしてますし。
まぁ、XガイドはAGSみたいに他社で使われたりはしないでしょうね。

syo********さん

2019/5/1917:47:52

リールの特許について調べたわけではありませんので、一般論ですが。

特許と技術力は必ずしも比例するものではありません。ベースとなる技術力は同じでも、開発力の差で先にアイデアが生まれれば特許になるだけの話です。一時、開発力で先行すれば特許は取れるでしょうが、相手もまた別の角度で攻めてくる。どこの業界でも同じです。

また、他社に特許料を払いながら自社製品のクオリティーを上げることは全く珍しい事ではありません。他社の特許を使えるということは、全く同じものを作る技術力があるということです。

シマノにしてもダイワにしても開発競争でしのぎを削ってるのは健全なことで、優劣など無いです。個々の製品に限ってみれば、それぞれ逸品も駄作もあるということです。まあ、IT業界なんかに比べればしのぎを削るといっても可愛いもんでしょうけど。

いろいろと理屈をこねて優劣をつけたがる輩もいますが、要するに好き嫌いでしかないですよ。アイドルと同じ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる