ここから本文です

jr東日本新幹線のalfa-xについてです。

アバター

ID非公開さん

2019/5/1823:47:15

jr東日本新幹線のalfa-xについてです。

この前、鉄道好きの友達から聞いた話なのですが「alfa-xはあくまで試験車両なので乗れない」と、聞ききました。
これは本当なのでしょうか?

閲覧数:
70
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rai********さん

2019/5/1900:19:42

E5系の後継車的な、札幌駅開業時に出す営業運転360キロ、最高速度背試験400キロ越えを目指した新型車両開発用の試験車です。

車体構造と車内設備の試験車なので、先頭車構造は上り下りで異なるほか、多くの号車には試験機器が搭載されていますが、一部の車両には新型座席なども搭載されているようです。

但し、E5系とE6系を開発した際に製造した9000番台のような試作車、E235系の第1編成のような先行試作車ではなく、E5系の原型になったE954系、風力ブレーキを搭載しそれがネコミミと呼ばれたE6系試作車E955系(通称FASTEC360)と同じ、最高速度の400キロ越えと営業運転360キロ運転時の騒音問題等についての新技術の実証試験車です。

なので、残念ですが、試験中に一般旅客を乗せることはありませんし、試験終了後、あるいは新型系式登場後は量産車化改造されることはなく廃車になる(保存するかどうかは不明。FASTEC360は廃車後解体)運命なので、一般の乗客が乗る事は出来ない車両です。

今回製造されたalfa-xをベースとした新型車両が開発され量産先行編成か試作編成9000番台が製造され、これをベースに新型車両の量産化がされるというのが流れでしょう。

alfa-xをベースに製造された新型車の量産先行車または試作編成は、量産先行編成なら量産車が登場後に量産車と同じにする量産車化改造をして営業に充てられるでしょうが、試作編成製造であった場合は量産化改造されずに技術試験車となる可能性もあります(東海のN700系9000番台は量産化改造はされず技術試験車として運用され、N700Sの9000番台技術試験車は、既に量産車化改造はしないでN700系9000番台の後継の技術試験車として維持されることが決まっています)。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mik********さん

2019/5/1900:02:55

乗せる必要あるの?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる