ここから本文です

動作動詞は継続を表す場合、必ず進行形にしないといけないのでしょうか? playの...

ese********さん

2019/5/2011:39:46

動作動詞は継続を表す場合、必ず進行形にしないといけないのでしょうか?
playの場合、I have been played soccer for 5 years.とするのが普通で、I have played soccer for 5 years.は間違い

なのでしょうか?
have playedの場合は動作ではなくplayしていた時期を状態として表せそうですが、いかかでしょうか?

閲覧数:
24
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yu0********さん

2019/5/2013:20:15

間違った回答が来ているので、正しい回答を掲載します。

I have played soccer for 5 years. (中学3年の英語)
I have been playing soccer for 5 years.
(高校1年で付け加わった英語)
の両方が正解です。

原則として進行形に使わない動詞というのがありますね。
know(知っ『ている』)、need(必要とし『ている』)、
want(ほしがっ『ている』)、have(持っ『ている』)、
like(好きだ=好ん『でいる』)のように、
元から「~している」という状態を表す「状態動詞」を、
I am knowingやI was needingなどの現在進行形・過去進行形には
使わないのと同じように、現在完了進行形にも使いません。

進行形に使える動作動詞は、「今までし続けてきた」という場合に
現在完了進行形にするのですが、進行形にしない現在完了形を
使うこと「も」できる動詞があります。例えば、
expect, hope, keep, learn, lie (down), live, play, practice, puzzle,
rain, rest, sing, sit, sleep, snow, stand, stay, study, teach, wait,
walk, work などです。
出典…「英文法解説」「表現のための実践ロイヤル英文法」
「現代英文法講義」「総合英語Forest」「ブレイクスルー総合英語」

つまり、それらの動詞は、
中学3年で出てきたような現在完了形
I have studied English for two years.
高校1年で出てくるような現在完了進行形
I have been studying English for three years.
のどちらも使えるというわけです。

意味の違いについては、文法書によって、
「あまり長くない継続動作を表す動詞では現在完了進行形のほうが
好まれる」(「英文法解説」)
「現在完了進行形のほうが、生き生きしているような感じがする
という程度の違いしかない」(「表現のための実践ロイヤル英文法」)
「一時的な状況では現在完了進行形、ずっと続く状況では現在完了形、
という傾向の違い」(「現代英文法講義」)
「長期にわたって安定した状態を表す場合には現在完了形が好まれる」
(「英文法詳解」)
「特に長い時間にわたって継続的、習慣的に繰り返される場合は、
現在完了形が使われることが多い」
(「総合英語Forest」「ブレイクスルー総合英語」)
のように説明されています。ただし、意味の違いはほとんどない、
という断りの上で、そのような少しの違いについて書かれています。


《よくある誤解1》
×「現在完了進行形なら必ず今も続いている」
イギリス人が書いた世界的に有名な学習書である、
English Grammar in Useを見て下さい。
https://i.pinimg.com/originals/2b/2e/e1/2b2ee15a95ceadc1122e426130d...

真ん中の段に書かれているのは、
やめたばかりの行動に現在完了進行形を使うということです。
例文の中に、
"You're out of breath. Have you been running?"
がありますね。走っている最中の人にそんな質問はしません。
今は走っていないけど、つい今まで走っていたのか、
と尋ねているのです。

期間を表す語句を付ければ、
"The activity is still happening (as in this example)
or has just stopped." つまり、現在も続いている行動と、
やめたばかりの行動の、どちらも表す、と書かれています。
この点では現在完了形と変わらず、
I have lived in this house for ten years. が、
①今まで10年間住んできて、今も住んでいる。
②つい今まで10年間住んできたが、今はもう住んでいない。
(引っ越し作業を終えて家を出たところなど)
の両方の意味で使えるのと同じです。

同書の練習問題のイラストを見て下さい。
https://image.slidesharecdn.com/englishgrammarinuse4-150924113610-l...
earlierとnowで場面が違います。
ついさっきまで買い物をしていたが、今は買い物を終えている
という場面で、"They've been shopping."になっています。
今回の例では、今も買い物を続けているのではありません。

従って、今もその行動が続いているかどうか、というのは、
使い分けの決定的な根拠にはなりません。


《よくある誤解2》
×「現在完了進行形だと、必ずぶっ続けで休みなくやっている」
上記のEnglish Grammar in Use(解説ページ)を
もう一度見て下さい。例文には、
"She's been playing since she was eight."
←24時間テニスをしっぱなしではない。
"They've been going there for years."
←24時間カフェに行きっぱなしではない。

練習問題のページももう一度見て下さい。
"Linda is a teacher. She has been teaching
for ten years."←24時間教えっぱなしではない。
そのページは現在完了進行形用の練習ページなので、
"since December"や"since 18 January"や
"for years(何年間も)"を使った文も現在完了進行形を
使って解答する問題ですが、24時間連続という話では
ありません。

質問した人からのコメント

2019/5/20 13:46:39

ものすごく詳細なご回答有難うございます!有名な英語の先生でいらっしゃいますでしょうか、非常に分かりやすかったです。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ros********さん

2019/5/2012:44:11

have been played ではなく,have been playing ですね。

動作動詞の継続を表すときには,現在完了形ではなく,現在完了進行形を使います。

1. I have played soccer for 5 years.

2. I have been playing soccer for 5 years.

したがって,「5年間ずっとサッカーをやっている」という継続を表すのには1ではなく,2が適切な形です。動作動詞を現在完了形にすると,「完了・結果」の意味に解釈されるのです。つまり,1は,「私は5年間ずっとサッカーをやってきました。そして,今,引退します。」という感じ。まぁ,継続には違いありませんが,話し手の意識は「継続」にではなく「完了」にあります。「5年間ずっとやってきて,やっと終わった」という意味です。

それに対して,2は,動作の継続を表し,また,これからもサッカーを続けていくというニュアンスです。

ちなみに,現在完了でも,現在完了進行でも,「継続」を表せる動詞は,ごくごく限られたものだけです。たとえば,『ロイヤル英文法』(p. 428)に,その限られた動詞が挙げられています。( learn, live, rain, sleep, stay, study, wait, work)

chi********さん

2019/5/2012:31:39

have been playing

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる