ここから本文です

私が10才の頃、母と私の二人で千葉に泊まりに行きました。

アバター

ID非公開さん

2019/5/2022:46:10

私が10才の頃、母と私の二人で千葉に泊まりに行きました。

泊まった先は、かんぽの宿のようなところだと思うのですが、海が目の前にあり、建物は廃校になった学校の校舎のような造りでした。
夜中、母が目を覚まし、私も目を覚まし、母が「ちょっと外に出よう」と、言ったので廊下に出ました。廊下は電気はついていなく、学校の廊下を歩いている感じで、ガラス窓からは夜の海が見えました。ガラス窓の反対側には殆ど誰も泊まっていない、教室に畳を敷いただけの部屋でした。
長い廊下を歩くと端にドアがあり、外に出て母と海を眺めていました。

母は海を見ながら「荒れてるね」みたいなことを、言ったかもしれません。

子どもだった私は、(お母さん恐いな、でもいつもと違う体験出来るから怖いけど母さんがいるから母さんと一緒にいるときだけ幽霊が出てもいいや)位にしか考えてませんでしたが、あの頃の母は病んでいたのかもしれませんが、何かに取り憑かれていたのでしょうか?

あの頃の母と同じ年になってからも、あの頃の母が何を考えていたのか、どんな精神状態だったのか気になって仕方ありません。

閲覧数:
29
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

jui********さん

2019/5/2121:23:17

不気味な印象があったかもしれませんが、それだけの理由では、お母様が病んでいたと決めつけることはできません。きっと、お母様は、何かを悩んでいたのでしょう。悩みで夜どうしても眠れない時は、外の空気を吸いたくなるお気持ちは、分かるような気がします。そんな時、きっと、傍にいてくれる人が必要だったのでしょう。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/5/2121:29:11

    当時、母は父親と別れようかどうしようか悩んでいたかもしれません。
    それに、誰も泊まってない宿に母が一人で泊まるのは母も流石に怖かったんだと思います。
    「トイレの電気がつくかどうか、スイッチを押してきて」と、真っ暗なトイレの中のスイッチを押してきました。当時の私は母のパシリだったんでしょうね。

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ww2********さん

2019/5/2210:49:59

母と海を見た夜のことを思い出し、
記憶の中の優しさに包まれて、

いつまでも母は心の中にあるのでしょう。

母の姿や言葉は最期まで忘れないものです。

それがあなたの宝物だと思います。

こうやって母と再会できるように、
思い出を作ってくれたんだと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる