ここから本文です

医療関係者、できればお医者さんか薬剤師さんに質問です。薬に詳しい人ならその他...

jsy********さん

2019/5/2123:29:53

医療関係者、できればお医者さんか薬剤師さんに質問です。薬に詳しい人ならその他でももちろん構いません。割と基本的な質問です。

薬の本を読むとアセトアミノフェンってNSAIDsだったり、そうでなかったりするんですが、結局どっちなんでしょうか?小児用バファリンや、妊婦さんにも処方しますけど、NSAIDsであったら、妊婦さんに使ってもいいんですか?

閲覧数:
33
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sev********さん

2019/5/2123:35:57

アセトアミノフェンは厳密にはNSAIDsではありません。

アセトアミノフェンは鎮痛・解熱作用を有しており、NSAIDsと同様にCOXを阻害しますが、その作用は弱く抗炎症作用はほとんどありません。そのためアセトアミノフェンはNSAIDsには分類されていません。アセトアミノフェンの作用機序は、中枢神経におけるCOX阻害と考えられていますが、詳細な機序は未だに解明されていません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

pha********さん

2019/5/2200:40:18

先の方のおっしゃる通りです。
良く日本語の論文などを読むと「狭義の...」とか「広義の...」とかいう言葉を目にすると思いますが、薬などが初めて発見されてから時間が経つと、色々な詳細な事実が解明されて「言葉の定義」が変わってきたりします。漠然と使っていた言葉が使えなくなってきたり、新しい化合物はどこの分類にすれば良いのか分からなくなってきます。なので、先の方も言うように「正確にはNSAIDsではない」。しかし、漠然としてはNSAIDsに入れてしまうことも多いのが事実です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる