ここから本文です

樽廻船について質問します。 江戸からの帰り(上り)の船は、何を積み荷にした...

awa********さん

2019/5/2216:08:25

樽廻船について質問します。

江戸からの帰り(上り)の船は、何を積み荷にしたのですか?

1730年に登場した樽廻船は、菱垣廻船よりも小型で、各地の港へは寄らず江戸直行便でした。酒専用船ですので、荷物を積む時間は短縮され、江戸にも早く到着しました。最盛期には年間25万樽以上も輸送したそうです。

江戸末期には菱垣廻船を駆逐したそうですが・・・

■初期の樽廻船、帰りの船は何を積んで江戸を出たのですか?

特に新酒の時期は夜を徹して江戸に向かっています。ピストン運送していた記録が残っています。江戸で品物を買い付けるより、空船で早く帰った方が儲かるように思います。樽廻船問屋って灘五郷の酒造業者が作った組合じゃないですか?

*思いつきやテキトー回答はご遠慮ください。

*記録や文献を示した回答をお待ちしています。

閲覧数:
72
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kao********さん

2019/5/2906:57:20

詳しくは教科書でお願いします。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる