ここから本文です

下請法の支払遅延利息を支払う際の計上処理について。支払遅延利息そのものは、非...

アバター

ID非公開さん

2019/5/2311:46:06

下請法の支払遅延利息を支払う際の計上処理について。支払遅延利息そのものは、非課税・不課税どちらにあたりますか?

少し話が変わりますが雑損失と言う科目は、不課税科目と考えていますが、合っていますか?

閲覧数:
52
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2019/5/2313:13:18

下請代金支払遅延等防止法第4条の2の規定による下請代金の支払遅延に対する支払遅延利息は非課税取引に該当する。
雑損失という科目名だけで不課税取引かどうかはわからない。雑損失の内容によって変わってくる。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

jun********さん

2019/5/2313:07:58

支払遅延利息は損害賠償目的の意味合いが強いので不課税と思われます。
また、雑損失に計上される取引につては個別に課税、非課税、不課税、免税を判断する必要があります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる