ここから本文です

昔の特急列車(485系)のことで教えてください。 先日、大宮の鉄道博物館で...

asu********さん

2019/5/2312:22:49

昔の特急列車(485系)のことで教えてください。

先日、大宮の鉄道博物館で485系特急列車の車内を見ました。(添付画像)

シートに座ったのですが、狭い感じがします。

自分は高校生なので小柄な体格なのですが、隣に大柄の大人の方が来られたら、どうしようって思いました。

これって、夫婦とかのペア用のシートなんですか?

単身の場合、どうしていたんですか?

当時のこと分かる方がいましたら教えていただけますか?

シート,鉄道博物館,リクライニング,単身,体格,485系特急列車,ロマンスシート

閲覧数:
43
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

swa********さん

2019/5/2320:25:04

昔の普通や急行の座席は、4人ボックス席が標準で、都市近郊のロングシートを除き、国鉄の座席と言えば4人ボックス席と言えそうななか、特急だけはリクライニングはしないものの、全員が進行方向に向いて座る「ロマンスシート」であり、それだけで特急にふさわしいサービスの位置付けになっていたと思う。

また、必ず冷房が付いていたり、ほとんどの列車に食堂車が付いていたりというところが、特急の売りだったと思う。
→急行ですら、冷房のない列車もあったほど。

そういう時代だったので、リクライニングしなくとも、また、多少狭くとも、4人ボックス席より圧倒的に快適なシートとして、特急のスペシャル感を感じながら、客はロマンスシートを利用していたように思う。

質問した人からのコメント

2019/5/24 09:05:53

なるほど、、よく伝わりました!^^
ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

are********さん

2019/5/2408:55:56

これが当時の常識でした。
国鉄時代はマイカーや新幹線が移動するための手段ではなく、在来線を使うことが当たり前で、「サービス」なんて重要ではなかったのです。
乗客もそれが当たり前なので何も感じません。
車の二列目がリクライニングしないのは今でも当たり前なので、そんなイメージ。

sba********さん

2019/5/2314:57:20

決してペア用シートではありません。一人で乗ったら他人と相席です。今時こんなシートで特急料金を取ったら、大ブーイングだよね❗️もちろん485系が登場した約半世紀前でも、大柄な日本人は沢山いました。しかし当時は特急列車の本数が少なく、大量に運ぶためには座席も詰め込みのできる物でなければならない。リクライニングは1等車(現グリーン車)だけでよい~そういう時代背景から造られた座席と言えるでしょう。当時は4人掛けボックスの急行が主流で、この程度の差別化でも文句を言う人はいなかったのかな?広くて快適なシートが普及したのは90年代以降。高速バスが路線を拡大、飛行機にも気軽に乗れる時代になって、JRも負けてはいられなくなったからです。

sup********さん

2019/5/2312:25:13

昔は日本人もチビだったから。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる