ここから本文です

投資信託の仕組みについて たとえば公社債、 元金100万で買ったとして、期間は...

shi********さん

2019/5/2415:14:46

投資信託の仕組みについて

たとえば公社債、
元金100万で買ったとして、期間は5年、毎年償還される利子は5万円だとします。

この場合元金ほど利子をもらっていないと思うのですが、メリットとはなんでしょうか

閲覧数:
41
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kas********さん

2019/5/2516:51:23

何か誤解をされているようです。
毎年もらう1万円は利息でしょう。

つまり、あなたの言われる公社債は、額面100万円、期間5年、金利が年一回1%支払われる、ということでしょう。
5年後の償還時には100万円が戻り、毎年1万円の利息を得る(税金が20.315%なので約7968円の手取り)

メリットは何でしょうとの質問ですが、国債よりは利息が多く、一方、リスク(元本が戻らない、約束どおり利息が支払われない等)が国債よりは大きい、ということでしょう。

  • kas********さん

    2019/5/2521:11:37

    ひょっとして、公社債投資信託のことを言っておられるのでしょうか?(期間5年というのが分かりませんが)

    それなら、毎年支払われる5万円は分配金です。今の金融情勢では、この分配金は投信が公社債で運用して得る利息より大きいはずです。
    その分、投信の資産を取り崩して分配金に回しています。当然、投信の資産は減り、基準価格は下がります。

    この様に、投信が運用収益より大きい分配金を出す目的は、①お客に儲かっている良い投信であると誤解させるため、および、あるいは②(それを知っていても)お客が毎年、毎月のおこずかいを欲しがるからです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/5/27 09:02:35

まったく投資信託というものがなにか理解できていなかったのでわかりやすかったです!ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kin********さん

2019/5/2415:26:03

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる