ここから本文です

軽度発達障害の薬

sir********さん

2008/11/2114:06:18

軽度発達障害の薬

アスペルガーの子供が、小学校高学年になってますます乱暴になったり、言うことを聞かなくなり薬を飲むというケースをネットで拝見しました。
だから問題行動が軽いうち薬を飲んで健常者の脳に近づけば、だんだん薬を飲まなくても健常者の脳、感覚になるというのです。

薬を飲まなくてもだんだん落ち着いてくるという発達障害はADHDの多動の場合で、
アスペルガーは療育に通ってもだんだん問題行動が多くなるものでしょうか?

私の知り合いで療育に通っても薬を手放せない、ひどくなっている子がいて不安です。
(薬を飲むと落ち着くらしいです)

また軽度の場合、本人には小学校の段階で、他人と自分は何かが違うと気がついて、
大変だろうけど自分の力で皆に合わせようと努力できないものでしょうか?
私は軽度の自閉症と診断された子供を育てています。症状は今の所、授業に集中できない。すぐ怒る。文句を言う。
暴れたり、席を立ったりはないです。
医者、療育所から薬を勧められて大変悩んでおります。

詳しい方、実際発達障害を育てている方、教えてください。

閲覧数:
9,655
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rik********さん

2008/11/2116:07:17

ASに内服があるなんて初めて聞きました。
うちは高機能自閉症と診断されましたが・・・。
ADHDには、興奮しないようにする内服薬があると聞いてます。
↓を見ると
http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2007/06/0706j1212-00001.htm
ADHDでの薬を「すぐ怒る」という観点だけで処方しようとしてるのではないかと
思ってしまいます。
我が家は普通学級に行っています。暴れたり席を立つこともほとんどなく、
あるのは同じように授業に集中できないや、人が発言しているときに発言するなどです。
少しづつ、約束を決め、出来るようになったら次の約束を増やし・・・とやっています。
療育の先生には、4~5年生になる頃には落ち着くんじゃないか・・・と言われてます。
同じような感じみたいなので、あえて服用・・・はしなくてもいいと私は感じますが・・・。
薬によってはうつ症状を起こしたりするみたいですし・・・。

質問した人からのコメント

2008/11/26 11:07:58

ASでの投薬はないんですか・・大変参考になりました。
他の方の回答で『投薬で改善できる部分は有りますし、投薬が悪いわけではないですが、投薬は必須ではないですし、投薬で全てが解決するわけでもないので、目的と必要性を良く確認し判断してください』
もとても参考になりました。今後子供の状態をもっと観察していきます。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cho********さん

編集あり2008/11/2423:56:30

「問題行動が軽いうち薬を飲んで健常者の脳に近づけば、だんだん薬を飲まなくても健常者の脳、感覚になる」
というのは、おそらく、ちょっと 言葉足らずというか、意味を取り違えていらっしゃると思います。

問題行動を起こしてしまう子供は、どうしても日頃から叱られることが多くなってしまい、自尊心を失いがちです。服薬で集中力が増して指示が入りやすい状態にしてあげ、その間に行動を修正していくという考え方です。

薬自体は障害を治すものではなく、ただ落ち着いた状態を作るだけのものです。

薬を飲ませることが目的ではなく、【薬が効いてるあいだに、いかに適切な指導を入れるかが大切】なのです。ですから、しっかりと親や教師の理解とフォローがなければ、意味がありません。


子供だって、失敗して叱られてばかりでいるより、小さなことでも、「そうだよ!」「出来たね!^^」と褒められることはとてもうれしいし、自信に繋がっていくことは間違いありません。褒めるチャンスをドンドン与えて、小さな成功をドンドン積み重ねて、自信をつけさせてあげさせてください。それが成長を促し、二次障害を予防していくのです。

そして、自信を取り戻して、成長とともに行動がおちついてきたら 徐々に薬を減らしていけば大丈夫です。またどんな薬でも副作用もありますので、必ず医師の指導のもと、保護者がきちんと管理する必要があります。周りにも服薬によって自信を取りもどして、適応していった子供が何人かいますよ^^

kor********さん

2008/11/2423:42:39

高機能自閉症(小5)の息子がいます。
仰るとおり、高学年になると思春期の入り口にさしかかり、息子も難しくなってきました。
親としては、問題行動は成長過程・・・という気持ちで息子と関わっています。
しかし時には自分を抑えられず、本人が苦しい思いをしていますので、そんな時は薬を服用させています。
息子は11歳になるまで、薬を服用した事はありませんでしたが、最近では不安定になった時のための「置き薬」的に利用しています。リスパダールを飲んでいます。

また軽度でも自閉傾向があると、他人と自分の違いに気づいても、協調性やコミニケーションの問題からみんなに合わせるのは難しく、また合わせようとしてもそれが裏目にでて、余計に「キモい」などといわれ本人が傷つく可能性があります。
なので、周りの大人が上手く支援をしてあげることが必要と思います。


薬も、本人が楽しく明るい学校生活を送るために必要と思われれば、医師の説明を納得するまで聞いて、服用させてあげたらよいと思いますよ。

私が経験して思うことは、軽度発達障害の子が楽しく学校生活を送るには、時には薬も必要ですが、なによりも両親、学校側、医師の連携がとれていることが一番かな・・・と思います。

プロフィール画像

カテゴリマスター

az_********さん

2008/11/2322:50:57

「問題行動が軽いうち薬を飲んで健常者の脳に近づけば、だんだん薬を飲まなくても健常者の脳、感覚になる」という薬は存在しません。情緒を安定させ問題行動を抑えるだけであったり、二次的な精神症状を緩和するもので、根治療法ではないです。
「薬を飲まなくてもだんだん落ち着いてくるという発達障害はADHDの多動の場合」というのも、衝動的な行動や多動が無くなるだけで、注意欠陥は残ります。根本的な部分が治るものではないです。
ADHDでは、コンサータ(過去には国内でもリタリンが処方される例が有りましたが、現在ではリタリンはナルコレプシー等の限定されたものにしか処方されず、コンサータも18歳までしか処方されません)で症状が改善される場合が有りますが(約8割くらいで、全てではないです)、服用中だけであり飲んで無い時は戻りますし、18歳過ぎてから処方されなくなると、そのままでは不注意状態に戻ります。
「本人には小学校の段階で、他人と自分は何かが違うと気がついて、大変だろうけど自分の力で皆に合わせようと努力できないものでしょうか」が出来ないのが、自閉症の症状そのものと思ってください。自閉症系の子の症状は千差万別と言われますが、表面上の違いは有っても、認知に問題が有り「他人と自分は何かが違う」事に中々気が付かず、気がついても自分視点での思考なので、何かが違うと感じるだけで何が違うかなかなかわからず、他人に指摘されてわかっても、思考がモノトラックなため自分で正しい方向に改善する事が非常に難しい点は共通してます。
「私の知り合いで療育に通っても薬を手放せない、ひどくなっている子」の場合では、療育以外の部分で本人に負担が掛かっている場合が有ります。療育に行けば良い程度の認識で、家庭での対応が悪かったり、学校との連携がとれていなくて不適切な対応が有ったりする事で、酷くなる事が有ります。又、良い効果が有ると信じて、沢山習い事に通わせてしまい、かえって追い詰める事になっている事も有ります。療育だけでなく、家庭も含めた環境を整えて、本人に負担が掛からないようにする必要が有ります。
成人者では、二次的に精神症状が出ていればそれに対応する薬の服用は当然ですが、二次障害までなくとも抑鬱感を抑える等の目的で薬を服用する例は有ります。
小児に対する投薬に関しては、医師等にも考え方の違いが有りますが、睡眠障害や情緒面の安定で投薬する場合が有りますが、環境を整えるまでの一時的な措置や、家族が精神的に追い詰められないための投薬と捉える場合が多いです。
「授業に集中できない。すぐ怒る。文句を言う。」に対応するための投薬とのことですが、授業に集中させて勉強させるためで有れば、あまり意味を為しませんが(勉強がいくら出来ても社会適応に直結しません)、直ぐ怒る・文句を言うというのを、投薬で情緒面を安定させる事で抑える事で、人間関係で生じる問題を軽減して二次障害を防ぐのであれば、検討の価値はあるかもしれません。
いずれにせよ、投薬で改善できる部分は有りますし、投薬が悪いわけではないですが、投薬は必須ではないですし、投薬で全てが解決するわけでもないので、目的と必要性を良く確認し判断してください。

roy********さん

2008/11/2223:13:30

薬の名前をご存知でしょうか?

>問題行動が軽いうち薬を飲んで健常者の脳に近づけば・・・
勉強不足の私ですが、こんな薬聞いたことがありません。
身近に昔、ADHDでリンタンを飲んで、大変だった人はいますが。

成人アスペの方の場合、不安感が強かったりするケースに
軽い精神安定剤のようなものを処方されたということは
聞いた事があるんですが・・・そういった類のものでしょうか?

薬の名前が分かると、もう少し具体的な情報が寄せられると思います。

ume********さん

編集あり2008/11/2222:31:57

こんにちは。
ASではありませんが、私の息子(年長)は高機能自閉症です。
1歳7ヶ月で診断がおり、1歳10ヶ月から服薬をしています。療育にも1歳10ヶ月から通園しています。

服薬は「治療目的」ではありません。
息子は「感覚過敏」を持っていますので、その「過敏」をやわらげるための安定剤です。
過敏があると…もうとにかくそのことだけが気になってしまう、またそれだけで頭が一杯になってしまって
他のことを処理するキャパが無くなるんですね。
自分が置かれている環境の情報をインプットできなくなるんです。
そうなると、パニックを起こすしかありません。

安定剤を使い、その過敏を「マイルド」にするだけで、周囲のことを落ち着いて観察したり判断したりできます。
インプットが可能になりますから、発達を促すことが期待できます。
また、落ち着くことで、自分が身につけたスキルを使って、日常生活を送ることができますよね。
成長とともに、パニックの回避の仕方、過敏をどうやり過ごすかというスキルも身につけることができます。
それらが身に付けば、薬を使用する必要もなくなります。
それが、おそらく「健常に近づいた」という風に周囲が感じるのだと思います。

実際、息子は何も言わなければ自閉症だとは誰も気がつきません。
最近は「自閉症だ」と言っても信じてもらえないことの方が多くなりました(これはこれでかなり困るのですが…)。
息子自身、服薬しながら療育を受け、年長の現在は「過敏」を逃す方法を身に着けることができましたし
パニックの回避の仕方も覚えました(まだ不完全ではありますが…)。
今は、よほどのことが無い限り、服薬はしません。
行事前後、体調不良などでどうしても自分で過敏やパニックをコントロールできないときに使います(年に4~5回です)

「健常の脳や感覚になる」のとは違うと思いますよ。

また、他人と自分は何かが違うと気づいて、「努力」でナンとかなるのなら、皆さんそうされています。
努力でナンとかならないから、本人が一番苦しんでいるわけです。
たとえが不適切かもしれませんが、目の不自由な子供に「努力したら読める」と言って本を読ませようとするのと同じことです。

確かに、服薬を勧められて悩むこと、本当によく分かります。
私も当時1歳10ヶ月の息子に「安定剤」を使うことに対して、大変な抵抗がありました。
ただ、私は医師から「過敏で一番辛い思いをしているのは息子さんです」と言われ、
服薬を決めました。

安定剤については、個人によって量や種類を微調整していきます。
ですから、処方されたものが一発で合った…というのは稀なケースです。
何度か薬を変えたり、組み合わせを変えたり、量を調整したりしてお子さんに合う薬を処方されると思います。

ちなみに、息子は
・リスパダール
・ベンザリン
を服用しています。



補足:
ADHDですと、今まではリタリンがメジャーでしたが、
法改正によってリタリンはADHDの人には処方されなくなりました。
現在は、コンサータが替わりに処方されることになっています。
もちろん、コンサータが合う・合わないがありますので、
リタリンを使っていた皆さんが、大変な思いをされています。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる